小売食品の意味は何ですか?

小売食品とは、レストランの食品を除き、消費者が購入し、構外で消費されるすべての食品です。小売食品にはさまざまな形とサイズがあり、多くの政府機関によって保護されています。Statistaの報告によると、これは成長分野であり、2019年の食料品業界のトレンドは初めて6兆ドルの売り上げに達しました。小売食品には通常、すべての食料品店が含まれ、米国の最大のプレーヤーはウォルマート、クローガー、コストコ、アホールドデレーズです。

小売食品市場の重要性

人々は健康的な生活を送るために食べる必要があるため、小売食品は人間の最も重要な支出の1つです。ほとんどの人は、肉、野菜、果物、牛乳、パン、卵、スナック、その他多くの商品を含む小売食品を毎週購入しています。小売食品は、箱、缶、セロハン包装、または円筒形の段ボール容器に包装できます。生鮮野菜などの小売食品の中には、個別に包装されていないものもあります。小売食品は需要の弾力性が高い。経済の状態に関係なく、小売食品のかなり一貫した必要性があります。

小売食品の識別

小売食品は、腐りやすいものと腐りにくいもののどちらでもかまいません。これは、さまざまな小売食品の適切な保管手順と在庫方法を決定するために重要です。牛乳や卵などの製品は腐りやすく、貯蔵寿命は限られています。それらは常に冷蔵されなければなりません。これらの項目には有効期限が明記されています。箱入り食品や缶詰食品にも賞味期限がありますが、通常は貯蔵寿命が長くなります。小売食品の性質上、棚の在庫にはFIFO(先入れ先出し)在庫方式が使用されます。したがって、食料品の小売売上高を改善し、廃棄物を減らすために、古いアイテムは常に棚の前に押し出されます。

小売食品の供給者

小売食品は、食料品店、量販店、さらにはドラッグストアから入手できます。コンビニエンスストアでは、頻繁に購入する食品も扱っていますが、通常は高額です。小売食品は、健康食品店などの専門店、通信販売、またはインターネットで販売することもできます。ペットフードは、食料品店から購入した場合でも、特定のペット用品店から購入した場合でも、小売食品と見なされます。

小売食品の流通

小売食品は通常、最初の注文を受けて製造業者または卸売業者に送る営業担当者によって販売されます。営業担当者は、食品ブランドまたは指定された販売業者のいずれかを代表する場合があります。その後、注文は処理され、食品はさまざまなトラックで出荷されます。ほとんどの小売食料品店は、大量の購入のために、週に少なくとも数回の小売食品の出荷を受け取ります。

予防と解決策

賞味期限に加えて、ほとんどの小売食品には、食品の成分と防腐剤、カロリー、脂肪、タンパク質、炭水化物、ビタミン、ナトリウムなど、食品の内容を示す栄養表示が含まれている必要があります。これにより、人々はカロリー摂取量を測定し、アレルギーの可能性のある食品を避けることができます。食品の内容と成分は通常、FDA、米国農務省、および食品の種類に応じて他の州および連邦機関によって監視されています。米国食品医薬品局によると、この作業を担当するそのような機関は約3,000あります。

小売食品の供給と貯蔵に関して行うべきもう1つの考慮事項は、サプライチェーンの変更です。サプライチェーン内の原材料や資源が、たとえば世界的なパンデミックによる国の閉鎖によって影響を受けた場合、同じ小売食品を調達するのは難しいかもしれません。人気のある製品の代わりに使用できる製品のリストをすぐに保持しておくのが賢明かもしれません。