グラフィックカードに割り当てられたメモリを変更する方法

コンピュータでビデオ編集や3Dモデリングなどのグラフィックを多用するタスクを実行する必要があるビジネスオーナーは、多くの場合、専用メモリが組み込まれたディスクリートビデオカードを備えたハイエンドPCを購入します。ただし、ワープロやスプレッドシートの作成など、より日常的なタスクにビジネスPCを使用する起業家は、通常、高価なビデオカードを必要としません。

その結果、多くの企業のコンピュータには、RAMメモリをプロセッサと共有するマザーボードに統合されたオンボードグラフィックアダプタが付属しています。統合されたビデオアダプタは専用カードほど高速ではありませんが、ほとんどのビジネスタスクで十分に機能します。オンボードビデオチップセットのパフォーマンスを向上させる必要がある場合は、システムBIOSのアダプタにより多くのメモリを割り当てることができます。

BIOSに入る

オンボードビデオカードに割り当てられているメモリの量を変更するには、システムBIOSの設定を変更する必要があります。BIOSに入るには、Windowsからログアウトし、コンピューターをシャットダウンします。コンピュータを再起動した後、最初のシステムPOST画面または会社のロゴ画面が表示されたらすぐに、「削除」、「F1」、または「F2」キーを数回タップします。

数秒後、コンピュータにBIOSメニュー画面が表示されます。BIOSメニュー画面が表示されたら、システムのセキュリティオプションによっては、管理者パスワードを使用してログインする必要がある場合があります。

ビデオカード設定の検索

さまざまなメーカーがさまざまな種類のソフトウェアを使用して、システムBIOS設定オプションを処理しています。したがって、オンボードビデオカードのメモリ設定を変更するための正しいメニューオプションを見つけることは、他のモデルよりも一部のモデルで簡単な場合があります。それでも、グラフィックアダプタのメモリ設定を変更するために使用する必要のあるメニューオプションは、メニューの「詳細」、「詳細チップセット」、「詳細機能」、またはその他の同様の名前のセクションにある必要があります。キーボードの矢印キーを使用して正しいメニューオプションに移動するか、システムBIOSがマウスの使用をサポートしている場合はヘッダーをクリックします。

メモリ割り当ての変更

グラフィック設定」または「ビデオ設定」オプションを含むBIOSメニューのセクションを見つけたら、オンボードビデオカードに割り当てられたメモリの量を変更するのは比較的簡単です。 「Enter」を押してメニューオプションを選択し、矢印キーまたはマウスでリストされたメモリ量の値から選択するだけです。

BIOSにリストされている一般的な値は、32MB、64MB、128MB、および256MBです。グラフィックアダプタに必要なメモリ割り当て量を選択したら、「F10」キーを押すか、BIOSメニュー画面の下部にある「変更を保存して終了」オプションをクリックします。変更を保存してBIOSを終了すると、コンピュータが再起動し、オンボードビデオカードの新しいメモリ設定が自動的に適用されます。

パフォーマンスに関する考慮事項

オンボードグラフィックアダプタに割り当てるRAMが多いほど、ビデオチップセットのパフォーマンスが向上します。ただし、ビデオカードにより多くのメモリを割り当てると、アプリケーションを実行するためにプロセッサが使用できるシステムRAMの量が減少します。したがって、ビデオカードのメモリパフォーマンスの問題なしにシステムを使用できる最小のメモリ値を選択する必要があります。

たまにビデオのパフォーマンスを向上させるだけでよい場合は、割り当てられたビデオメモリの量を一時的に増やし、ビデオを多用するタスクの実行が終了したら、値を低い設定に戻すことができます。ビデオを多用するアプリケーションの実行中に他のアプリケーションをあまり多く開かないように注意してください。開いていると、十分なRAMがない場合にシステムのメモリが不足する可能性があります。

代替BIOSエントリキー

Delete」、「F1」、または「F2」キーを押してもBIOSメニュー画面が表示されない場合は、コンピュータが起動したらすぐに「Pause」キーを押してください。 BIOSに入るために押す必要のあるキーを表示する画面の下部近くのメッセージを確認します。もう一度「一時停止」キーを押してから、BIOSメニューが表示されるまで適切なキーを数回タップします。起動プロセス中にそのようなメッセージが表示されない場合は、マザーボードまたはシステムのユーザーガイドを参照して、システムBIOSに入るために押す必要のあるキーを確認してください。