Photoshopでパターン化された線を描く

Photoshopの画像編集ソフトウェアでパターン化された線を描くことは、習熟度に関係なく、プログラムのいくつかのツールと機能を使用してほとんど問題なく実行できるものです。ユーザーは通常、画像やグラフィックの特定の要素に注意を引くためにPhotoshopファイルに線を挿入します。パターン化された線は、ある線を別の線と区別するのに役立ち、特定の線に注意を引くことができます。

ラインツール

Photoshopで線にパターンを追加する前に、ソフトウェアのツールを使用して線を描画する方法を最初に知っておくのが最善です。プログラムのツールパレットから「ライン」ツールを選択します。線を開始するポイントを1回クリックしてから、線を終了するポイントをもう一度クリックします。これを行うには、ソフトウェアのペンまたは鉛筆ツールを使用して、始点をクリックし、コンピューターのキーボードの「Shift」キーを押しながら、線の終点をもう一度クリックします。

ライン機能

Photoshopの「線」ツールのブラシオプションを使用して線の太さと特徴を調整します。これにより、矢印などの形状を線に追加することもできます。線に追加したパターンを表示するには、線の太さを変更する必要があります。線の外観を実線から破線または破線に変更することもできます。これらのタイプの線の効果は、ボックス、楕円形、またはキャプションバブルなどのより大きな形状を含む線に最適です。

パターン化された線

線を十分に太くしたら、色を変更したり、パターンを追加したりして、外観を変更できます。Photoshopの「選択」ツールを使用して線をクリックし、「見本」タブから色を選択して色を変更します。「スウォッチ」タブと同じパレットにあるソフトウェアの「スタイル」ライブラリタブからプリロードされたパターンを選択して、行にパターンを追加します。「スウォッチ」ライブラリにグラデーションスウォッチを追加して、独自のカラーパターンを作成することもできます。

代替方法

一部のPhotoshopユーザーは、説明されている「線」ツールの方法が煩雑すぎると感じ、線の代わりに形状を作成するより短い方法を選択します。線の代わりに形状を作成すると、線の太さを調整する手順が不要になります。これを行うには、「線」ツールの代わりに「長方形」ツールを使用します。太い線のように見える細い長方形を描きます。選択ツールで形状をクリックし、「スタイル」オプションから選択してパターンを追加します。