Apple Internet Boxは琥珀色に点滅しており、環境に配慮する必要があります

アップルは、クリーンでシンプルなデザインが使いやすさを目的としたコンピュータと周辺機器を作成してきた長い歴史があります。これには、さまざまなWi-Fiベースステーションが含まれます。これらのいわゆるAppleインターネットボックスは、コンピューター、スマートフォン、プリンターなどのWi-Fi対応デバイス間で有線インターネット接続を共有します。AirMac Express、AirMac Extreme、Time Capsuleのいずれを使用していても、これらのデバイスにはすべて、デバイスの動作が一目でわかるステータスライトが付いています。

接続

各ベースステーションには、電源とイーサネットの2つの基本接続が必要です。ステーションのワイドエリアネットワーク(WAN)ポートは、イーサネットケーブルを接続する場所です。AirMac Expressにはイーサネットケーブルを取り付けることができるWANポートが1つしかないのに対し、AirMacExtremeとTimeCapsuleには、コンピュータやその他の周辺機器をネットワークに直接接続するために使用できる追加のイーサネットポートがあります。これらのいずれかではなく、WANポートを使用していることを確認してください。

AirMacユーティリティ

ベースステーションに付属のAirPortUtilityソフトウェアを必ずインストールしてください。このプログラムは、最初にベースステーションをセットアップするのに役立ちますが、エラー状態の解決など、ネットワーク設定の調整にも不可欠です。

ステータスライトの動作

ベースステーションの電源を最初に入れると、起動シーケンスが実行されます。まず、ステータスライトが緑色に点滅し、ステーションに電力が供給されていることを示します。 1秒後、ステータスライトがオレンジ色に変わり、ステーションがインターネット接続を取得しようとしていることを示します。最後に、起動が成功すると、ステータスライトが緑色に点灯します。 AirMacユーティリティを使用して、ステータスライトを緑色に点滅させてネットワークアクティビティを示すことができることに注意してください。黄色のステータスライトが点灯している場合は、この起動シーケンス中に問題が発生したことを示しています。これには、ベースステーションが自動的に再起動する必要があります。青色のライトが点灯している場合は、ベースステーションが正しく機能しているが、Wi-Fi Protected Setup(WPS)を使用してワイヤレスクライアントがアクセスできるように設定されていることを意味します。AirMacユーティリティのIdentifyコマンドを使用して、ベースステーションを緑色または黄色に交互に点灯させることができます。これは、複数のベースステーションを同時にセットアップする場合に役立ちます。起動後にベースステーションで問題が発生した場合は、オレンジ色に点滅します。

点滅している琥珀色のステータスライトを解決する

多数の潜在的な問題により、黄色のステータスライトが点滅する可能性があります。新しいベースステーションには初期構成が必要です。ベースステーションでファームウェアの更新が必要になる場合があります。 IPアドレスの取得またはインターネット信号全体に問題がある可能性があります。コンピュータのAirMacユーティリティプログラムを使用して、ベースステーションに接続します。ベースステーションのリストを見つけてダブルクリックすると、ユニットに関する概要ウィンドウが開きます。ベースステーションのリストの横には、ステータスライトが点滅しているように、琥珀色の円があります。これをダブルクリックして、ステータスウィンドウを開きます。このウィンドウには、黄色のステータスライトの原因となっている問題が一覧表示されます。リストされている各問題に対処するか、無視するかを選択できます。必要な変更を加えたら、「更新」ボタンをクリックして、ベースステーションを強制的に再起動します。再起動後、ベースステーションは再び起動シーケンスを実行し、成功すると、緑色に点灯するステータスライトが点灯します。