企業組織における情報システムの種類

中小企業は主に、高品質の商品やサービスを生産することによって顧客を獲得し、維持することに関心を持っています。ビジネスオーナーは、膨大な量のデータを実用的な情報に変えるという大きな課題にも直面しています。あなたのビジネスの販売、顧客リスト、在庫、財政および他の側面に関する情報は注意深く管理される必要があります。情報システムは、コストを抑えて競争上の優位性を実現することにより、ビジネスを成長させるための重要な洞察の源にもなります。

データを会社の資産として最大限に活用するには、ビジネスに正式な情報戦略を採用します。

トランザクション処理システム

中小企業は、トランザクション処理システム(TPS)を使用して、給与や注文書の作成など、日常業務から生じるトランザクションを処理します。TPSは、バッチシステムとは異なり、ユーザーがシステムとリアルタイムで対話して、データの収集、保存、取得、および変更をシステムに指示する必要があります。ユーザーが端末を使用してトランザクションデータを入力すると、システムはすぐにデータをデータベースに保存し、必要な出力を生成します。

たとえば、中小企業の所有者は、銀行システムに普通預金口座から500ドルを借方に記入し、会社の当座預金口座に500ドルを貸方に記入するように指示する場合があります。システムは常に更新されているため、ユーザーはいつでも口座残高などの現在のTPSデータにアクセスできます。

経営情報システム

中小企業の管理者と所有者は、販売や在庫データなどの現在および過去の運用パフォーマンスデータを取得するために、業界固有の管理情報システム(MIS)に依存しています。MISは定期的に、事前にスケジュールされたレポートを作成できます。これは、企業の経営陣が戦略的、戦術的、および運用上の計画と運用に使用できます。たとえば、MISレポートは、地域ごとの製品の販売量を示す円グラフや、時間の経過に伴う製品の販売の増加または減少の割合を示すグラフである場合があります。

中小企業の管理者と所有者も、「what-if」アドホック分析を実行するためにMISに依存しています。たとえば、マネージャーはシステムを使用して、月間売上高が2倍になった場合の出荷スケジュールへの潜在的な影響を判断できます。

意思決定支援システム

意思決定支援システム(DSS)を使用すると、中小企業の管理者と所有者は、事前定義されたレポートまたはアドホックレポートを使用して、運用計画と問題解決の決定をサポートできます。DSSを使用すると、ユーザーは、決定が実装される前に、決定が及ぼす可能性のある影響を評価する手段として、特定の質問に対する回答を見つけることができます。クエリへの回答は、四半期ごとの売上レポートなどのデータ要約レポートの形式をとることがあります。

分析を行うために、ビジネスオーナーとマネージャーはインターフェイス(ダッシュボード)を使用して、特定の目標の達成に向けた進捗状況を測定する主要業績評価指標の特定のグラフィック表現を選択します。たとえば、製造ダッシュボードには、特定のラインで製造された製品の数を表すグラフィックが表示される場合があります。

エグゼクティブサポートシステム

エグゼクティブサポートシステム(ESS)には、中小企業の所有者と管理者が戦略的計画と非日常的な意思決定をサポートする長期的な傾向を特定するのに役立つ事前定義されたレポートが含まれています。システムユーザーは、ESS画面に表示されたアイコンをクリックし、レポート基準を入力して、販売、スケジューリング、原価計算などの全社的および機能的な部門データに基づく個々の事前定義されたレポートとグラフを表示します。

ESSレポートは、市場動向や購入者の好みなどの問題についてビジネスマネージャーまたは所有者に簡単に説明します。ESSシステムは、結果の予測、パフォーマンスの評価、および既存のデータに基づく統計の計算に使用される分析ツールも提供します。