未収収益と繰延収益

商品やサービスの金銭への交換は、ビジネスの世界では必ずしも同時に行われるとは限りません。即時の補償なしでサービスが提供された場合、または商品が出荷される前に金銭を受け取った場合、収益は発生または繰り延べられます。未収収益と繰延収益はどちらも、取引のタイミングに関連しており、金銭が交代したときではなく、発生したときに認識されます。適切な期間に収益を配分することは、発生主義会計の基礎です。

未収収益の概要

未収収益は、商品やサービスが提供されたが、現金がまだ受け取られていない取引に使用されます。多くの場合、これらの収益は売掛金リストに含まれており、会計士はそれらを探したり、個別に予約したりする必要はありません。一般的な未収収益の状況は、獲得されたがまだ受け取られていない利息です。仕訳は、売掛金、資産勘定の借方または増加、および損益計算書で報告される利息収入の貸方または増加です。

利息が受け取られると、エントリは現金を借方に記入して増やし、受取利息を貸方に記入してゼロにします。最終的な結果は、実際にお金を受け取る前に、損益計算書で収益を認識することです。

繰延収益の概要

繰延収益は、金銭を受け取ったが商品やサービスが提供されていない状況を反映しています。これらの収益は預金とも呼ばれ、損益計算書では収益として認識されません。繰延収益は「実際の収益」ではありません。純利益や純損失にはまったく影響しません。

むしろ、彼らは貸借対照表に負債として報告します。繰延収益を認識する仕訳は、現金と貸方の借方または増加、あるいは預金または別の負債勘定の増加です。サービスまたは商品が提供される場合、エントリは、預金勘定科目を借方または減額し、収益勘定科目を貸方記入または増加することです。これは、損益計算書に報告され、純利益または純損失に影響を与える「実際の」勘定科目です。

ジャーナルエントリの調整

多くの企業は、発生した未収収益と繰延収益を認識するように設定されていません。一般的なシナリオは、未収収益を無視し、繰延収益を通常の収益として認識することです。両方の状況は、決算プロセスの一環として、期間の終わりにジャーナルエントリを調整することによって修正されます。未収収益が検出されると、それらはシステムに入力されます。

収益勘定は、負債勘定に移動する必要のある預金がないことを確認するために見直される場合があります。この問題を修正する仕訳は、通常の収益と貸方を借方または減額するか、預金またはその他の負債勘定を増やすことです。

その他の収益に関する考慮事項

キャッシュフローを検討する場合、繰延収益と未収収益には違いがあります。前受収益にはお金の受け取りが含まれますが、未収収益には含まれません。現金は数週間または数か月、あるいはそれ以降に受け取られる場合があります。損益計算書に収益が記載されている場合、それはお金が受け取られたことを意味するものではありません。現金は早くも遅くも受け取られた可能性があります。

繰延収益および未収収益を使用する場合のもう1つの考慮事項は、これらが1回限りのプロセスではないことです。繰延勘定または見越勘定が請求されたら、それを清算する必要があります。これらのアカウントは静的ではなく、これらの数値が決して変わらない場合は、修正が必要なエラーがある可能性があります。