組織における倫理の重要性

組織倫理は、困難でしばしば物議を醸す問題に直面して正しいことを行うための方針、手順、および文化です。組織に挑戦する倫理トピックには、差別、社会的責任、受託者問題が含まれますが、これらに限定されません。ソーシャルメディアは前の世代で一掃された可能性のある問題を容易に公開するため、倫理の問題と組織が倫理を実践する方法はこれまで以上に重要です。

ポジティブな企業文化を構築する

倫理的な行動を奨励する方針と手順の開発にリソースを捧げる組織は、前向きな企業文化を構築します。チームメンバーの士気は、従業員が個人的な信念に対する報復から保護されていると感じると向上します。これらの方針には、差別禁止規則、オープンドア方針、および成長の機会均等が含まれます。従業員が仕事に満足しているとき、組織全体の気持ちはよりポジティブになります。これにより、従業員は仕事に出かけることに満足しているため、組織の忠誠心と生産性が高まります。

消費者の信頼を高める

組織は、いくつかの悪いオンラインレビューで、消費者の信頼をすぐに失う可能性があります。組織は、公正で正直な広告手法から始まり、販売プロセス全体を通じて継続する倫理的慣行を通じて、消費者の忠誠心を維持する必要があります。組織が消費者の信頼を失う可能性がある1つの領域は、保証を尊重しないこと、または苦情に否定的に対処することです。これが、一貫したポリシーと従業員のトレーニングが不可欠である理由です。企業は、コアバリューに従って顧客をどのように扱うかについて従業員に指示する必要があります。

組織が消費者とそのターゲット市場にとって何が重要であるかを特定するために時間をかけるとき、より高い倫理基準を満たすために価値ステートメントとプロトコルをよりよく設定することができます。たとえば、フェアトレードと農業の持続可能性に焦点を当てたコーヒー販売業者は、環境的および社会的責任をサポートするブランドを構築しています。

金融負債を削減します

倫理基準に関する方針を策定しない組織は、経済的責任を負うリスクがあります。最初の責任は売上の減少です。たとえば、不動産開発会社は、その開発によって動物保護区のサイズが縮小された場合、顧客の関心と売上を失う可能性があります。これは、企業が成長を放棄しなければならないという意味ではありません。倫理的に責任のある中間点を見つけることは、世論を企業の欲望から離れて環境責任に向けて揺さぶるのに不可欠です。

潜在的な訴訟を最小限に抑える

金銭的責任の2番目の領域は、潜在的な訴訟とともに存在します。差別を主張する不満を持つ従業員や顧客から免除される組織はありません。職場での性差別は、CEO、政治家、有名人が告発や嫌がらせの申し立てに適切に対処していないため、生計を犠牲にしています。組織は、さまざまな種類の嫌がらせや差別に対処するポリシーと手順を維持する必要があります。さらに、組織は、告発に対処するポリシーの実行において一貫性を保つ必要があります。これは、小規模な組織を破産させる可能性のある軽薄な訴訟を減らすのに役立ちます。