下向きに傾斜している需要曲線とは何ですか?

需要曲線は、経済学の基本的な概念の1つです。これは、商品またはサービスの価格とその製品の需要との関係、つまり、価格の変化が需要のレベルにどのように影響するか、またはその逆を示しています。価格と需要が反対方向に移動するため、すべての需要曲線は「下向きに傾斜」しています。ビジネス分野の需要曲線を理解することで、重要な戦略的洞察を得ることができます。

需要の法則

需要曲線は、経済学で需要の法則として知られていることを示しています。消費者は、価格が低い場合はより多くのものを購入し、価格が高い場合はより少なく購入します。価格と需要の間には反比例の関係があります。つまり、一方が上昇すると、もう一方は下降します。このモデルは、個人としてではなく、全体としての消費者の行動を説明することを目的としています。

特定のアイテムに対する需要は特に価格に敏感ではないかもしれませんが、需要が価格に依存している人は常に存在します。

下り坂

需要曲線はグラフにプロットできます。グラフの縦軸は、問題の商品の価格を表しています。横軸は需要量を表します。2つの軸は、左下隅でゼロで交わります。法外に高い価格の商品が左上のグラフに表示されます–非常に高い価格、非常に低い需要。

市場が支払う意思のある価格をはるかに下回る価格の商品は、右下に表示されます–非常に低い価格、非常に高い需要。その間の価格は、左上から右下に向かって下向きに傾斜して、曲線を「埋める」でしょう。

なぜそれが下向きなのか

エコノミストは、需要の法則、ひいては下り坂の3つの基本的な理由を挙げています。1つ目は「所得効果」です。価格が下がる(または上がる)と、人々は同じ金額でより多くの(またはより少ない)商品を購入できます。2つ目は「代替効果」です。消費者が製品間に意味のある違いを感じない場合は、最低価格の製品を購入するため、価格を上げると代替品になり、値下げすると引き込まれます。

3つ目は、「限界効用の減少」の概念です。すでに何かがたくさんある場合は、それをさらに購入する必要が少なくなります。たとえば、傘の価格が上がっても、傘が必要な人が傘を購入するのを止めることはできませんが、すでに傘を持っている人が別の色の傘を購入するのを止めることができます。

勾配と需要の弾力性

需要曲線の傾き(急勾配)は、需要がどれほど「弾力的」であるかを視覚化するのに役立ちます。弾力性とは、価格に対する需要の反応性を指します。価格の5%の変化が需要の15%の変化をもたらす場合、需要は非常に弾力的です。弾力性が高いほど、曲線の下り勾配は水平または「フラット」になります。

一方、価格が5%変化しても、需要が0.1%しか変化しない場合、需要は非常に弾力性がありません。財に対する需要が弾力性がないほど、曲線の傾きは垂直になります。