金融市場におけるエージェンシー問題の例

プリンシパルが特定のタスクを実行するためにエージェントを雇う場合、その雇用は「プリンシパルエージェント関係」または単に「エージェンシー関係」と呼ばれます。本人のニーズと代理人のニーズの間に利益相反が生じた場合、その対立は「エージェンシー問題」と呼ばれます。金融市場では、株主(本人)と企業経営者(代理人)の間で代理店の問題が発生します。株主は経営者に会社の世話をするように呼びかけますが、経営者はまず自分のニーズに目を向けることがあります。

エンロンの崩壊

2001年のエネルギー大手エンロンの崩壊は、エージェンシー問題がいかに壊滅的であるかを示しました。ケネス・レイ会長、ジェフリー・スキリング最高経営責任者(CEO)、アンディ・ファストフCFOを含む同社の役員と取締役会は、誤った会計報告によりエンロンの株式が実際よりも価値があるように見えたため、エンロンの株式をより高い価格で販売していました。スキャンダルが発覚した後、エンロンの株価が急落したため、何千人もの株主が数百万ドルを失った。

ゴールドマンサックスと不動産バブル

別の代理店の問題は、金融アナリストがクライアントの最善の利益に反して投資するときに発生します。投資大手のゴールドマンサックスやその他の株式仲買会社は、担保付き債務として知られる住宅ローン担保証券を開発し、住宅ローンが差し押さえられることを賭けて「ショート」で売却しました。2008年に住宅バブルが発生したとき、CDOの価値は下がり、ショートセラーは数百万ドルを稼ぎました。その間、何百万もの投資家と住宅所有者は崩壊でほとんどすべてを失いました。

ボーイングの買い戻し

航空宇宙のリーダーであるボーイングは、資本市場で代理店の問題がどのように発生するかについての有益な例を示しています。1998年から2001年まで、ボーイングには13万人以上の株主がいました。それらの株主のほとんどは、401(k)退職金制度を通じて会社の株式を購入したボーイングの従業員でした。同時に、ボーイングは自社株の多くを買い戻し、株価を引き下げることを計画していた。

会社の世話を担当する幹部の行動は、従業員の退職金口座の価値を損なった。

役員報酬とワールドコム

経営者が会社の資産を使って個人ローンを引き受ける場合、会社が経営者に高い収入を提供するために借金をするため、代理店の問題が発生します。 2001年、WorldComのCEOであるBernard Ebbersは、2.15%の有利な金利で4億ドルを超えるローンを会社から引き出しました。 WorldComは、年次報告書の役員報酬表に金額を報告していません。ローンの詳細は、同社の会計スキャンダルがその年の終わりにニュースになるまで発表されなかった。