GAAPではどのように研究開発費を記録する必要がありますか?

財務会計基準審議会(FASB)によると、一般に認められている会計原則(GAAP)では、ほとんどの研究開発費を当期に費用計上する必要があります。ただし、企業はソフトウェアの研究開発またはR&Dのコストを活用する場合があります。FASBは、調査を、新しい知識を発見するための計画された調査または調査と定義しています。開発とは、研究結果を計画または設計に変換することと定義しています。

研究開発会計と「内部使用」

企業が購入したサービスを通じて、または自社のR&D部門を通じて、R&Dにお金を使う場合、発生した期間の費用としてコストを記録する必要がある、とコーポレートファイナンスインスティテュートは報告しています。これには、代替の未来がない材料、機器、設備のコストが含まれます。つまり、会社が他の目的に使用しないアイテムです。

たとえば、新しい化粧品を開発する中小企業は、新製品の安全性を評価するために研究開発会社と契約する場合があります。GAAPの下では、会社はR&Dコストを支出し、会社の現在の損益計算書に報告する必要があります。

研究開発費の取り決め

研究開発プロバイダーは、顧客のために研究開発サービスを実行するための費用も負担する必要があります。ただし、プロバイダーはこれらの費用を提供されたサービスのコストとして報告する必要があります。これを収益から差し引いて総収入を決定します。場合によっては、2つ以上の利害関係者が合資会社を結成して、特定の研究開発を追求します。この場合、資金はリミテッドパートナーから提供され、ゼネラルパートナーが契約上の義務と技術的側面を管理します。ゼネラルパートナーは通常、現在の費用を提供されたサービスの費用として報告しますが、リミテッドパートナーはその費用を研究開発費として報告します。

資産計上されたコスト

特定の状況では、企業は研究開発費の一部を固定資産として扱うことができます。このプロセスは資本化と呼ばれ、設定された年数にわたって費用を支出する必要があります。コストが代替の将来の用途を持つ有形資産に関連する場合、会社は資産の予想耐用年数にわたってコストを減価償却します。同様に、同社は、特許や商標などの無形資産に関連する資産計上された費用を償却します。市場調査や消費者テストなどの一部の開発費は、研究開発費としてカウントされません。

ソフトウェアの研究開発費

財務会計基準審議会は、ソフトウェア製品を開発するプロジェクトを、実現可能性調査、ソフトウェアの生産と流通、販売の3つの段階に分けています。企業が関連する研究開発費を資本化できるのは、生産段階だけです。当社は、これらの資産計上された費用を、品目の耐用年数にわたる定額法による償却またはソフトウェア製品の現在の収益と将来の収益の比率のいずれか大きい方を使用して償却します。製品の正味実現可能価額が恒久的に損なわれている場合、企業は残りの未償却のソフトウェア製造コストを書き留めることができます。