完全に負担された人件費を計算する方法

あなたの中小企業で労働者を雇用することは、あなたが彼らに支払う時給や給料だけではありません。税金、福利厚生、物資などの追加費用が発生し、実際の雇用費用が増加します。全額負担の人件費は、労働者が実際に働いている時間に労働者を雇用するための1時間あたりの全費用であり、賃金と追加費用の「負担」が含まれます。完全に負担された人件費を計算して、従業員と予算の管理に関する決定を下すのに役立てることができます。

  1. 従業員の賃金と労働時間を決定する

  2. 従業員の時給、1年あたりの勤務時間数、および病欠や休暇のために欠勤する可能性のある1年あたりの日数を決定します。たとえば、従業員に1時間あたり20ドルを支払い、その従業員が1年あたり2,080時間働くことができると仮定します。これは、1週間あたり40時間×52週間に相当します。彼女は休日や休暇のために15日間仕事を休む可能性があると仮定します。

  3. 実際の労働時間数を計算する

  4. 従業員が欠勤する可能性のある日数に、1日あたり8時間を掛けます。次に、この結果を1年あたりの勤務時間数から差し引いて、1年あたりの実際の勤務時間数を計算します。この例では、15に8を掛けて、120時間を取得します。2,080から120を引くと、年間1,960時間の実際の労働時間が得られます。

  5. 直接関連する年間コストを決定する

  6. 記録から、従業員の仕事に直接関連する時給に加えて支払う年間費用の金額を決定します。給与税、保険、福利厚生、食事、物資、トレーニング費用を含めてください。各コストを加算して、従業員の人件費を決定します。この例では、給与税で2,000ドル、保険で1,000ドル、福利厚生で2,000ドル、物資やその他の雑費で5,000ドルを支払うと仮定します。2,000ドル、1,000ドル、2,000ドル、5,000ドルを合計すると、10,000ドルの人件費が発生します。

  7. 年間給与人件費を決定する

  8. 従業員の時給に年間の勤務時間数を掛けて、年間の給与人件費を決定します。年間給与人件費を人件費に加算します。この例では、1時間あたり20ドルに2,080時間を掛けて、年間41,600ドルの給与人件費を計算します。$ 41,600と$ 10,000を追加して、$ 51,600を取得します。

  9. 従業員の完全に負担された人件費を計算する

  10. 結果を年間の実際の労働時間数で割って、従業員の全額負担の人件費を計算します。例を続けて、51,600ドルを1,960で割ると、1時間あたり26.33ドルの全額負担の人件費が得られます。これは、あなたの労働者を雇用するための総費用が実際の仕事の1時間あたり26.33ドルであることを意味します。