売上高の計算方法

販売マージンは、販売された各アイテムがビジネスにとってどれだけ収益性があるかを明らかにするために使用される重要な指標です。指定した期間における個々の販売、販売のグループ、またはすべてのトランザクションの販売マージンを計算できます。販売マージンは、販売されたアイテムのコストを考慮した後、売上高の1ドルのうちどれだけが粗利益として会社に留まるかを測定します。販売マージンを分析することにより、販売するアイテムが最も収益性が高いかどうかを判断できます。ただし、販売マージンの欠点は、販売コストや諸経費など、ビジネスを行うための他のコストを考慮していないことです。すべての費用を計上した後、会社が保持している1ドルあたりの金額を確認するには、純利益率を決定する必要があります。

  1. データセット内のすべての販売によって生成された収入を追加します。たとえば、歯磨き粉1ユニットの販売マージンを計算するだけの場合は、販売価格を使用します。年間のすべての売上のマージンを計算する場合は、各売上の価格を加算して、その年の総収益を求めます。

  2. 販売している1つまたは複数のアイテムの総コストを計算します。小売商品の費用には、支払う価格と配送料が含まれます。製造会社の場合、コストには原材料だけでなく、完成品を作るための労力も含まれます。たとえば、椅子を作成し、木材のコストが20ドルで、1時間あたり25ドルで2時間の労働が必要な場合、椅子の総コストは70ドルになります。 1つのアイテムの販売マージンを計算する場合は、合計コストを使用して1つのアイテムを作成します。または、年間の売上マージンを計算する場合は、売上原価の合計を使用します。

  3. 総収入から売上原価を差し引いて利益を求めます。たとえば、歯磨き粉のチューブを小売店で3ドルで販売し、それを購入するのに1.20ドルかかる場合、3ドルから1.20ドルを引くと、チューブあたりの粗利益は1.80ドルになります。大局的に見ると、会社が売上から全体の収益で60万ドルをもたらし、売上原価が37万ドルである場合、利益は27万ドルになります。

  4. 総利益を総収入で割って、売上マージンを小数で求めます。歯磨き粉の例では、1.80ドルの利益を3ドルの収入で割って、0.6の販売マージンを取得します。または、$ 270,000を$ 600,000で割って、年間の全体的な売上マージンが0.45になるようにします。

  5. 販売マージンに100を掛けて、パーセンテージに変換します。これらのパーセンテージは、利益を表す各販売の部分を表します。例を終了し、0.6に100を掛けて、歯磨き粉の販売マージンが60%であることを確認します。会社全体として、0.45に100を掛けると、全体の売上マージンは45%になります。

純利益率

  1. 会社の総経費を計算します。これらには、販売された商品の費用だけでなく、建物の賃貸費用、ユーティリティ、取引手数料、負債の利子、所得税、および事業を運営するための他のすべての費用も含まれます。

  2. 会社の総収入から総コストを差し引いて、会社の純利益を求めます。たとえば、会社の収益が$ 500,000、総コストが$ 360,000の場合、会社の純利益は$ 140,000になります。

  3. 純利益を総収益で割って、売上マージンを計算します。この例では、$ 140,000を$ 500,000で割って0.28を取得します。これは、ビジネスの純利益率が28%であることを意味します。

  4. ヒント

    単一の製品またはサービスの全体的な収益性を判断するには、最初に販売されたアイテムごとの粗利益を計算します。次に、間接費の一部をアイテムあたりの利益に対する追加費用として割り当てて、アイテムの真の収益性を計算します。製品を継続的にサポートするカスタマーサービスエージェントと技術者の時間を必ず含めてください。