MSExcelでテキストパーツを見つけて置き換える方法

長いExcelスプレッドシートでは、テキストの一部を手動で見つけて置き換えるのは非常に面倒です。幸いなことに、Microsoftには、テキストパーツを見つけて、好みの選択に置き換えるための便利なツールがいくつか含まれていました。Excelの「検索と置換」機能は、スプレッドシート全体または選択したセルで指定したテキストを検索します。Excelには「置換」機能もあります。「検索」および「レン」機能と組み合わせると、「置換」機能を使用して、入力した値または別のセルの内容に基づいてテキストを動的に検索および置換できます。

機能の検索と置換

1

マウスをクリックして複数のセルにドラッグし、検索をそれらのセルのみに制限します。シート全体の検索を実行する場合は、複数のセルを選択しないでください。

2

「Ctrl-H」キーを押したままにして、「検索と置換」ウィンドウを開きます。

3

置換したいテキストを「検索対象」フィールドに入力します。

4

[置換]フィールドに、置換に使用するテキストを入力します。

5

[すべて置換]をクリックして、選択したセルまたはシート全体にあるテキストパーツの各インスタンスを見つけて置換します。または、[置換]をクリックして、現在選択しているセル内のテキストの最初のインスタンスを見つけて置換します。完了したら「閉じる」をクリックします。

置換機能

1

空のセルに引用符なしで「= REPLACE(source、start_number、length、replacement)」と入力します。ソースと置換は、セル参照または引用符で囲まれたテキスト文字列にすることができます。start_numberとlengthは、置き換えられるテキストの場所と量を示します。例として、「= REPLACE(A1,3,1、 "hn")」はセルA1を調べ、3番目の文字から始まる1文字のテキストを「hn」に置き換えます。セルA1に「JonDoe」が含まれている場合は、「JohnDoe」に修正されます。

2

「start_number」を引用符なしの「FIND(find_text、source)」に置き換えて、「Replace」関数の開始位置を見つけます。例を続けると、数式の「検索」関数

= REPLACE(A1、FIND( "n"、A1)、1、 "hn")

セルA1でテキスト「n」を探し、「3」を「置換」関数に送信します。「find_text」変数はセル参照にすることもできます。

3

「length」を引用符なしの「LEN(find_text)」に置き換えて、置き換える必要のあるテキストの長さを決定します。例を続けると、数式の「Len」関数

= REPLACE(A1、FIND( "n"、A1)、LEN( "n")、 "hn")

「n」の文字数をカウントし、「1」を「置換」機能に出力します。「find_text」変数はセル参照にすることもできます。セルB1に文字「n」が含まれている場合、数式

= REPLACE(A1、FIND(B1、A1)、LEN(B1)、 "hn")

「JonDoe」を「JohnDoe」に修正しても同じ結果が得られます。