Photoshopでカラー写真のネガを変換する方法

Adobe Photoshopのカラーネガティブ効果は、各色をアーティスティックカラーホイールの補色に置き換えます。オレンジは青に、黄色は紫に、赤はシアンに変わります。デジタル画像の場合、反転した結果はフォトネガに似ています。スキャンしたカラーネガにエフェクトを適用すると、Photoshopは同等のポジ画像を生成し、ラボのプリンターでフィルムをドロップすることで得られる結果を再現します。会社のグラフィックをデザインするときは、ネガティブエフェクトを使用して画像のコントラストを高め、画像の一部を反転して残りを強調することもできます。

1

スキャンしたカラー写真ネガをPhotoshopにロードし、変換する画像の部分を選択します。画像全体を選択するには、「Ctrl-A」を押します。その一部を選択するには、Photoshopツールボックスのマーキーツールまたはなげなわツールを使用します。

2

メニューバーの「画像」をクリックします。

3

「調整」をクリックして、カスケードメニューを開きます。

4

「反転」をクリックして、選択した領域をフォトポジに変換します。変換したバージョンをお好みの形式で保存します。