イーサネットスイッチとルーターの違い

電化製品の小売店のネットワーク通路に立っていると、イーサネットスイッチの代わりにルーターを誤って拾ったり、その逆を行ったりする可能性があります。製品パッケージとデバイス自体は、非常によく似ていることがよくあります。ただし、チェックアウトカウンターに向かう前に、どの製品を持っているかを再確認してください。どちらの製品もホームネットワークにより多くのデバイスを接続するのに役立ちますが、各製品はインターネットのニーズに応じて異なるソリューションを提供します。

ルーター

ノートパソコン、スマートフォン、タブレット、その他のガジェットにWi-Fi接続が必要な場合は、ルーターが必須です。ルーターは、インターネットプロバイダー(ケーブルまたはDSLブロードバンドサービス)から信号を受信し、その信号をデバイスが受信できるようにワイヤレス信号に変換します。ルーターには常にメインイーサネットポートが含まれているため、ルーターをモデムに接続できます。ほとんどのルーターには追加のイーサネットポートもあるため、物理イーサネットケーブルを使用してデスクトップPCまたはその他の固定デバイスへの(通常)より高速な接続を作成できます。

ルーターの利点と落とし穴

「配線なし」という単純な概念は、ルーターにとって大きなメリットです。家中にケーブルを敷設することは、非効率的で見苦しい場合があります。多くのルーターでは、「ネットワーク対応」の外付けハードドライブを接続できるため、ネットワークに接続されている任意のデバイス間でドキュメントやファイルを共有できます。ワイヤレスインターネットの大きな欠点の1つは、信号の損失です。安価なルーターや老朽化したルーターは信号が弱く、サービスの中断につながる可能性があります。また、Wi-Fiは盗まれやすいため、ホームネットワークをパスワードで保護することをお勧めします。

イーサネットスイッチ

イーサネットスイッチは電話交換手に似ています。インターネットプロバイダーからの信号がモデムからスイッチに送られ、スイッチがその信号を適切なデバイスにディスパッチします。スイッチを使用すると、デバイスをインターネットに接続できます。また、スイッチに接続されているすべてのデバイスが相互に「通信」できるようになります。スイッチは有線接続でのみ機能します。

スイッチの利点と落とし穴

スイッチは、データを送受信する際の情報損失が少なくなります。複数のデバイスがスイッチを介してネットワークに接続されている場合、スイッチはデータをすべてのデバイスに分散させるのではなく、デバイスとの間で直接データを送信します(ルーターのように)。これにより、多くの場合、パフォーマンスが向上します。ただし、スイッチはWi-Fi信号をブロードキャストできません。これらは有線イーサネット接続でのみ機能します。