Excelで数字からテキストを分離する方法

データをExcelスプレッドシートに入れる前に、自分でデータを分離できない場合があります。多くの場合、古いデータファイルの情報は1つのセルにまとめられます。PDFファイルから情報をコピーしようとしている場合も同じことが起こります。幸いなことに、すべての情報を自分で分離する必要はありません。何を区切る必要があるかを指定すれば、Excelのテキストから数字を区切ることができます。

  1. Excelを開く

  2. 文字化けしたデータを含むExcelファイルを開きます。データが配置されている場所をよく見てください。データの長い文字列は行全体を占めるように見える場合がありますが、多くの場合、単一のセルにあります。たとえば、データが最初の行にある場合は、2番目のセルをクリックして、スプレッドシートの上にある数式バーを確認します。空白のフィールドの場合、そのセルは空です。

  3. データ列を選択します

  4. 列に分割するデータを含む最初の列を選択します。Excelのテキストを列に変換ウィザードは、一度に1つの列でのみ機能します。たとえば、データが最初の列にある場合は、列の上にある文字「A」をクリックして、列全体を選択します。

  5. テキストを列に変換ウィザードを開きます

  6. [データ]メニューをクリックしてから、[データ]リボンの[データツール]セクションにある[テキストから列へ]アイコンをクリックします。ダイアログウィンドウが開きます。

  7. ほとんどの場合、列に変換するデータのチャンクは、コンマ、タブ、またはその他の句読点で区切られます。この場合、「区切り」オプションを選択します。データチャンクが小さく、スペースで区切られている場合は、[固定幅]を選択します。[固定幅]を選択すると、スペースの後のすべての単語が独自の列に配置されることに注意してください。[次へ]をクリックすると、終了時にスプレッドシートがどのように表示されるかを示すプレビューが表示されます。表示が気に入らない場合は、カスタマイズするか、[戻る]ボタンをクリックして別のオプションを選択できます。

  8. テキストと数値が上書きされたときにデータが既存のデータを上書きしないように、Excelに余分なスペースを含めることができます。

固定幅変換の使用

固定幅変換は、単語や数値の間にスペースを入れずに、すべてスペースで区切られた小さなデータに最適です。たとえば、「32オレンジ52リンゴ」には、スペースで区切られた4つのデータチャンクが含まれているため、4つの列に表示されます。ただし、「32個のオレンジとリンゴ」も4列に表示されます。「オレンジとリンゴ」を1つの列にまとめたい場合は、線をドラッグして1つのセルにすることができます。2つ以上のデータが同じ列にある場合、変換が完了したときにセルを分割できます。

プレビュー領域では、プレビューをクリックするだけで、列の区切り文字を手動で調整できます。線をドラッグすると移動し、ダブルクリックすると線が削除されます。行を追加するには、表示するプレビューをクリックします。

区切りデータ変換の使用

テキストがスペースで区切られている場合でも、データを区切る方法が増えるため、通常は区切りオプションを使用するのが最適です。

まず、データチャンクを分離しているものを指定します。これらには、タブ、セミコロン、コンマ、スペースを含めることができます。または、使用可能なフィールドに他の文字を入力することもできます。これらのオプションは必要な数だけ選択できます。

区切りデータでのテキスト修飾子の使用

多くの場合、テキストは引用符またはアポストロフィで配置されます。この場合、テキスト修飾子としてどちらかを選択できます。これらの句読点のいずれか内のデータのチャンクは、テキスト内にスペースまたは別のデリミネーターがある場合でも、単一の列に配置されます。

たとえば、デリミネータとしてスペースとカンマがあり、「apples、oranges and peaches」のように引用符で囲まれたテキストのチャンクがある場合、引用符を使用すると、「apples、orangesandpeachs」が1列に保持されます。独自の列の各単語。

連続したデリミネーターとの連携

複数のデリミネーターを選択した場合は、「連続するデリミネーターを1つとして扱う」オプションをクリックして、後続のデリミネーターをスキップするかどうかを指定できます。たとえば、このオプションを有効にせずにコンマとスペースの両方を選択した場合、コンマの後のスペースには独自の列が割り当てられます。連続するデリミネーターを1つとして扱う場合、Excelは各コンマの後のスペースを無視します。

宛先列のフォーマット

DelimitedとFixedWidthの両方の変換オプションを使用すると、データを変換する前に各列をフォーマットすることができます。オプションには、一般、テキスト、および日付のフォーマットが含まれます。列を選択して[インポートしない]オプションをクリックして、列をスキップすることもできます。

[詳細設定]ボタンには、列に数値が含まれている場合に小数と千をどのように区切るかを指定するオプションがあります。デフォルト設定では米国の標準が使用されていますが、コンマを使用して小数を区切ることも、スペースを使用して千を区切ることもできます。