労使関係の機能は何ですか?

経営陣と従業員の間の従業員関係としても知られる労使関係は、企業の運営方法の重要な部分です。多くの組織は、経営陣と従業員がどのようにうまくやっていくかについて不満を感じるでしょう。他の組織は、会社が彼らの労働力を彼らの最も価値のある資産であるとどのように考えているかについて自慢するでしょう。労使関係の問題は世界的に一般的です。実際、労使関係が緊張しているため、多くの従業員は、潜在能力を最大限に発揮することが困難または不可能であると感じています。

従業員が自分の可能性を最大限に発揮できない場合、それはその従業員だけでなく会社にとっても悪いことです。たとえば、従業員とマネージャーの関係がうまくいかない場合、従業員は自分の仕事から離れる危険性があるため、自分の仕事を遂行できなくなる可能性があります。もちろん、ほとんどの場合、これらの問題は通常、コミュニケーションの問題であり、マネージャーと従業員の間のコミュニケーションを改善してコミュニケーションをより効果的にすることで解決できます。ただし、状況がそれよりも少し微妙な場合もあります。

労使関係とは何ですか?

従業員関係は、労使関係と呼ばれていた現代の用語です。それは、従業員とその雇用者の間に存在する感情的、肉体的、契約的および実際的な関係を意味します。実際の日常の状況では、従業員関係は従業員とそのマネージャーの間の関係です。このような関係には、成長するためのいくつかの基盤があります。一方では、それは信頼、感謝、相互尊重に基づいている可能性がありますが、透明性と恐れの欠如に基づいている可能性もあります。

企業は一般に、基本の2番目の王が従業員関係の基盤となることを望んでいません。従業員が上司との前向きなつながりを感じない場合、彼らは通常、最高のパフォーマンスを発揮しません。

従業員との関係は、人事部門が従業員とそのマネージャーとの関係を可能な限り友好的にするためにとる努力にも関係しています。通常、これは従業員関係プログラムの形で行われ、プログラムは、従業員とその管理者との関係が強固であり、従業員が公正な待遇を受け、従業員と経営者の間で発生する問題が迅速に解決されるようにすることを目的としています。そして可能な限り友好的に。

労使関係の重要性は何ですか?

すべての企業は良好な労使関係を持っている必要があります。従業員と管理職の関係が良好な場合、従業員の生産性、モチベーション、エンゲージメント、士気など、多くのことが即座に改善されます。

上司と友好的な関係にある従業員は、実際に毎朝仕事に行くことを楽しんで楽しみにしています。上司とネガティブな関係にあるカウンターパートは、通常、仕事に不安を感じ、朝はそれを楽しみにしません。上司との関係が良好な従業員は、前向きな仕事の経験を持ち、より良く、より懸命に、より幸せに、そしてより献身的に働くことができます。彼らは幸せになり、その結果、会社の顧客も幸せになります。最終的に、会社の収益は、より良い従業員関係から利益を得るでしょう。

労使関係の機能

労使関係が果たす4つの主要な機能があり、マネージャーは従業員との関係を良好にするために使用できます。

オープンコミュニケーションの機能

コミュニケーションは、ビジネス関係を含むあらゆる関係にとって重要です。従業員は通常、非常に多くの日を仕事に費やします。そのため、上司に完全に満足し、自分の仕事の種類に満足していることが重要です。

ABCルールはここで本当に役立ちます。ABSはAlwaysBe Communicationの略であり、従業員との関係を築く際に覚えておくことが重要な経験則です。マネージャーは、マネージャーの仕事は従業員の仕事を少し簡単にし、必要なことは何でも手伝うことであることをチームに通知する必要があります。また、従業員に何が必要かを明確にする必要があります。

チームで物事を把握する方法の1つは、毎週調査を実施して、従業員が匿名性を利用してフィードバックを提供できるようにすることです。コミュニケーションの流れを維持するのに役立ち、従業員にとって安全で匿名の環境に従事します。

認識の機能

時には、従業員に親切な言葉を言うような単純なことが大いに役立つことがあります。実際、ほとんどの従業員は自分の職場での認識に飢えていると感じています。あなたが彼らに感謝と感謝を示すとき、それは彼らにとって大きな意味を持ちます。それは一種の強化戦略でもあり、あなたは彼らがそれを認めることによって彼らが行う良い仕事を強化します。それは彼らにそれをもっとやりたいと思うように促します。

しかし、個人的に賞賛するだけではいけません。より壮大な効果を得るために、公共の場でもそれを与えてください。公の場で従業員を称賛すると、チームの他のメンバーも刺激を受けます。あなたがよくやった仕事に対してあなたのチームに報酬を与えるとき、あなたとあなたの従業員の間で報酬と感謝の文化が発達し始めます。そしてそれは彼らが彼らの仕事でさらに一生懸命働くように動機づけます。

一定のフィードバックの機能

できるだけ頻繁に従業員にフィードバックを提供する必要があります。彼らが行っている素晴らしい仕事について彼らに話すだけでなく、彼らが何を改善する必要があるかについて建設的な批判をすることができます。これは、従業員とマネージャーの間の強力な関係のもう1つの重要な部分です。

信じられないかもしれませんが、従業員は実際にあなたのフィードバックを求め、評価しています。彼らはもっと学び、能力とシルを成長させたいと思っており、職場だけでなく人生においても前進しているように感じています。あなたが彼らに彼らが望む場所にたどり着くために彼らが何をする必要があるかについてのガイダンスと小さなヒントを与えるとき、彼らはあなたに感謝するでしょう。これを行うために必要な数のフィードバックセッションを開催し、従業員が自分の仕事と自分自身に成長と発展があると常に感じていることを確認してください。

投資の機能

あなたは常にあなたが気にかけていることをあなたの従業員に示すべきです。あなたは彼らをあなたの従業員としてだけでなく、人々としても気にかけるべきではありません。彼らは、あなたが個人的にも職業的にも彼らの充実を真剣に受け止めていることを知る必要があります。あなたがあなたの従業員を成功させたいとき、彼らはあなたをもっと尊敬し、彼らの仕事と会社一般により多く従事するでしょう。

従業員が幸せで私生活に満足していると感じると、職場での生産性が向上する可能性があります。したがって、従業員のパフォーマンスを向上させたい場合は、個人的な生活に投資するという壮大なジェスチャーを行うと、大幅な改善が見られます。

有意義な方法で、従業員の私生活に投資できる方法はたくさんあります。たとえば、従業員が自分の体の世話をし、その過程でより幸せになることを奨励するジムメンバーシップを提供できます。趣味を追求し、仕事以外で面白いと思うことをするように勧めることができます。彼らがボランティア活動をすることができるように、あなたは彼らの仕事からの休暇を提供することさえできます。