InternetExplorerを全画面表示で開く方法

インターネットの使用は企業の一般的なニーズであり、時間の経過とともにWebブラウザの外観を調整したい場合があります。これは単にあなたの個人的な好みのためか、従業員や訪問者がインターネットアクセスのために使用する汎用コンピュータのためである可能性があります。簡単なアプローチは、キーボードショートカットを使用することです。Internet Explorerを全画面モードで閉じている限り、再度開くと全画面モードになります。2番目のオプションは、常にフルスクリーンであるキオスクモードを有効にすることです。3番目の方法は、InternetExplorerのレジストリ値を変更することです。レジストリに誤りがあるとコンピュータに重大なエラーが発生する可能性があるため、経験豊富なユーザーのみがこれを試す必要があります。

キーボードショートカット

1

Internet Explorerがまだ開いていない場合は、開きます。

2

「F11」キーを押してください。これは、InternetExplorerを全画面モードにするためのショートカットです。

3

終了したら、Webを参照し、InternetExplorerを閉じます。ブラウザを閉じたときに全画面モードのままにしておく限り、ブラウザを再度開いたときに全画面表示になります。Internet Explorerを閉じるには、すべてのタブを閉じるか、「Alt」キーを押したまま「F4」を押します。

キオスクモード

1

InternetExplorerを開くために通常使用するショートカットを右クリックします。これは、デスクトップ、[スタート]メニュー、または[スタート]ボタンの横にあるタスクバーのショートカットにすることができます。

2

「プロパティ」をクリックします。

3

[ショートカット]タブで、[ターゲット]テキストボックスをクリックし、カーソルをその中のテキストの最後に移動します。

4

末尾に引用符を付けずに「-k」と入力します。ハイフンの前にスペースを入れる必要があります。

5

「OK」をクリックします。

6

Internet Explorerが開いている場合は閉じてから、もう一度開きます。フルスクリーンモードであるキオスクモードになります。「F11」を押してもキオスクモードから切り替わらないことに注意してください。「Alt-F4」や「Ctrl-W」などのキーボードショートカットを使用して、ブラウザ全体を閉じる必要があります。

レジストリ値

1

[スタート]ボタンをクリックし、検索テキストボックスに「regedit」と入力して、結果に表示されたらプログラムをクリックして、Regeditを開きます。

2

左側のナビゲーションペインのキー階層「HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ InternetExplorer \ Main」を使用して、この場所に移動します。

3

「メイン」キー内の「フルスクリーン」文字列をダブルクリックします。

4

[値のデータ]テキストボックスに「いいえ」という単語の代わりに引用符を付けずに「はい」と入力します。

5

[OK]をクリックして、Regeditを閉じます。 Internet Explorerを起動すると、デフォルトで全画面モードになります。値データを「いいえ」に戻すことで、必要に応じて後でいつでもこの設定を変更できます。