iPadでアプリを別の画面に移動する方法

ウェブサイトの分析データを追跡するアプリから、航空券の価格を追跡したり、財務を管理したりするアプリまで、多くのiPadアプリケーションがビジネスオーナーに役立ちます。iPadの各画面には、最大20個のアプリアイコンを表示できます。その制限に達すると、新しい画面がデバイスに追加されます。アプリを別の画面に移動するために、画面がいっぱいになるまで待つ必要はありません。iPadユーザーは、アプリを別の画面に手動で移動してグループ化するのが一般的です。たとえば、すべてのビジネスアプリをある画面に表示し、ゲームを別の画面に表示するなどです。

1

すべてのアプリが揺れ始めるまで、iPadのホーム画面にあるアプリアイコンをタップして押し続けます。

2

移動するアプリを指で長押しします。画面上で指をドラッグして、アプリを押したまま移動します。

3

アプリを画面の右端にドラッグして、新しい画面を開きます。

4

iPadの画面から指を離して、アプリを新しい画面に配置します。

5

この方法で、画面間でアプリを移動し続けます。アプリを前の画面に戻す場合は、アプリを画面の右側ではなく左側に移動します。

6

アプリの移動が完了したら、[ホーム]ボタンをタップしてアプリを所定の位置にロックします。