スマートフォンでWi-Fiを使用する利点

Wi-Fiは、スマートフォンなどの機器が電波を利用してワイヤレスでインターネットに接続する方法です。Wi-Fiを使用してインターネットに接続するにはホットスポットが必要ですが、スマートフォンが接続に使用できる3Gセルラーネットワークよりも常に高速であり、場合によっては4Gよりも高速です。利用可能なときにWi-Fiを使用すると、携帯電話ネットワークに依存するよりも安価で、長期的には電話をより効率的に実行できるようになります。

データの上限を超えない

Wi-Fiネットワークを使用して携帯電話からインターネットにアクセスする場合、データ使用量はバンドルされたデータにはカウントされません。モバイルプロバイダーは、多くの場合、毎月一定量のデータを無料で割り当て、これを超えるデータ使用に対して料金を請求します。利用可能な場所であればどこでもWi-Fi経由で接続することにより、Wi-Fiホットスポットの近くにいない可能性がある状況でバンドルされたデータを保存できます。

より良い速度

多くの場合、強力な専用Wi-Fi接続を使用した場合の速度は、モバイルネットワークを使用した場合よりも速くなります。電子メールを読んだり、Webページをチェックアウトしたりするだけの場合、違いはそれほど明白ではないかもしれませんが、大きなファイルを転送する場合は非常に目立ちます。ストリーミングオーディオやビデオなどのアクティビティは、Wi-Fiホットスポットの使用に関連する低遅延の恩恵を受けます。大きなファイルをダウンロードしたり、メディアをスマートフォンに急いでストリーミングしたりする必要がある場合は、Wi-Fi経由でダウンロードすることをお勧めします。

より低いコストで

自宅、職場、カフェ、空港、ホテルなど、無料のWi-Fiにアクセスできる状況では、この方法を使用して電話をインターネットに接続する方が理にかなっています。たとえば、自宅に上限のないインターネット接続がある場合、モバイルプロバイダーに料金を支払うことなく、Wi-Fi経由で電話をルーターに接続し、必要なすべての更新プログラムまたはソフトウェアをダウンロードできます。Wi-Fi接続を使用して音声通話を発信できるスマートフォンで利用可能なアプリケーションもあります。あなたと受信者の両方がアプリを使用する場合、これはあなたにお金を節約することができます。

より長いバッテリー寿命

バッテリー残量が少ないとインターネットに接続できなくなったり、カメラのフラッシュなどの特定の機能を使用できなくなったりするため、スマートフォンのバッテリー寿命は非常に重要です。 Wi-Fiを使用してインターネットに接続すると、特にセルラーカバレッジが変動する状況では、モバイルネットワークを使用するよりもバッテリーの消耗が少なくなります。 Wi-Fiは一般にモバイルネットワークを使用するよりも高速であるため、データの転送にそれほど多くの時間を費やすことはなく、バッテリーの使用量がさらに削減されます。