会計の邪魔とはどういう意味ですか?

企業が予算を立てるとき、それは支出の目標を設定します。数値は制限を表します。会社がより多くを費やすならば、それは予算を超えています。この計算で重要な要素は、ビジネスリングがお金を囲い、現金の使用目的を制限する、邪魔な資金です。障害のある資金は、特定の義務や目的を満たすのに十分な資金を確保するために、政府の会計で最も一般的に使用されます。

基本的な煩わしい定義

負担は、法律または契約によって要求される支出のために確保された予算の一部ですが、実際にはまだ物理的に支払われていないと、会計ツールは報告しています。予算自体と同様に、負担は予測であり、まだ現実ではありません。予算を立てたときの状態がそのまま続くと、負担が費用になります。ただし、条件は1年または予算で設定された期間にわたって変更される場合があります。

支出の変化

給与と福利厚生は、負担のかかる資金の重要な部分を占めており、クラウド支出管理システムの購入管理を示唆しています。企業は従業員に通常の賃金を支払い、健康保険などの約束された福利厚生を提供する必要があります。企業がより多くの雇用を計画している場合、それは給与の負担額を増やす必要があります。これは、会計では「負担前」として知られています。これは、予測されるが不確実なコストを意味します。一部の企業は、代表者や独立請負業者に支払われる手数料費用も予測する必要があります。これは、売上高によって異なります。

障害のある資産と実際の費用

必要な負担金を支払う時期になると、その金額で「負担」がなくなり、実際の費用になります。会社が予算年度をロールスルーするにつれて、実際に費やされた金額は増加し、負担された資金は減少します。予想される支出が減少した場合(たとえば、従業員が退職した場合)、会計士は、負担された資金の金額を下方修正することができます。

煩わしい資金と購入

負担は会社の予算の一部として表示される場合がありますが、実際の支出は承認プロセスを経る必要がある場合があります。会社は、資金が支払われる前に、役員または管理者が購買依頼または発注書にサインオフすることを要求する場合があります。これは、税金の支払い、機器や備品の裁量による購入、修理、旅費、在庫などの必要な費用の場合に当てはまります。予算の邪魔にならない部分は、必要に応じてさらに裁量的な支出の余地を提供します。