職場で時間厳守が重要なのはなぜですか?

言うまでもなく、企業は仕事を成し遂げるために時間通りに現れる必要があります。これは常識のように思えますが、おそらく慢性的に遅れている数人の従業員に出会うでしょう。ビジネスリーダーにとって、遅刻は生産性、そして最終的には組織の評判に影響を与えるため、対処する必要があります。

チームの士気と生産性

全員が時間厳守の場合、職場の士気は高くなります。誰かが慢性的に遅れると、他のチームメンバーが遅れを補うために調整するため、仕事の自然な流れが妨げられます。シフトの変更を待っている従業員は、彼らの交代が常に遅れていることを知って興奮し、焦る可能性があります。

誰かが慢性的に遅れて他のチームメンバーが尊敬の欠如を感じると、チーム内で緊張と恨みが高まります。時間厳守の従業員は、遅刻した同僚の責任を頻繁にカバーしなければならないことに不満を抱いています。

遅刻に対する世論の認識

スタッフは慢性的に遅れているため、同僚だけでなく、顧客からも否定的な見方がされています。あなたの従業員が遅れると、顧客は仕事が適切に行われると信じないかもしれません。時間厳守は、プロ意識と仕事をうまくやりたいという願望を示しています。それは準備が整っている誰かのしるしです。

常に予定に遅れて現れる現場の営業担当者は、顧客に自信を植え付けず、顧客を重要でないと感じさせます。すべての従業員は会社を反映しています。一人が慢性的に遅れると、悪い評判がコミュニティに浸透し始めます。顧客は会社に自信がないだけでなく、友達を紹介することもありません。

将来のリーダーの評価

時間通りに到着した従業員は、多くの場合、就業時間に対する準備が整っており、一般的にストレスが少なくなります。数分早く到着した人は、コーヒーを飲み、時間通りに始める準備ができている自分のデスクで整理することができます。時間厳守の到着は基本的な仕事の要件であるだけでなく、従業員を忠実で専門的で野心的なものと見なされる立場に置きます。これらは、事業主と経営者が昇進と専門能力開発のために開発しようとしている資質です。

職場での時間厳守の奨励

ビジネスリーダーとして、時間厳守を促進するために成功した戦略を採用します。仕事、会議、トレーニングに間に合うように到着することで、望ましい行動をモデル化するリーダーシップから始めます。罰とともに出席報酬を実装します。罰は標準的なようですが、警告や停止の可能性が常に行動を変えるとは限りません。

延長戦や潜在的なボーナスで時間厳守のチームメンバーに報いることは、スクリプトを積極的に裏返します。