Wi-FiのデフォルトのWPA-PSKは何ですか?

ワイヤレスルーターには2セットのパスワードがあります。1つはWPA-PSKなどのワイヤレス暗号化方式を使用しているときにユーザーがルーターに参加できるようにするもので、もう1つは管理コントロールパネルにアクセスするためのものです。ワイヤレスまたはその他のすべてのルーターは、コントロールパネルにデフォルトのパスワードが付いた状態で出荷されますが、ワイヤレス暗号化方式またはパスワードを含む工場設定のルーターはありません。

キーベースの暗号化

キーを使用する暗号化方式では、必ずしも同じコーディングスキームでデータが暗号化されるとは限りません。むしろ、そのようなアルゴリズムが情報を暗号化するために使用するスキームは、キーに基づいています。キーとして異なる文字列と数字の文字列を指定すると、同じ暗号化方法で同じデータが異なる方法で暗号化されます。つまり、暗号化スキームを知っているだけでは、暗号化したデータをデコードするのに十分ではありません。暗号化スキームを知っているだけでは、何かを暗号化するために使用されるアルゴリズムのキーもわからない場合は役に立ちません。

WPA-PSK

WPA-PSKは、この種の鍵暗号化システムを使用してWi-Fiネットワークを保護します。ルーターでWPA-PSKパスワードを設定すると、実際にはWPA標準がデータの暗号化に使用するキーが設定されます。ユーザーがこの一致するキーを「パスワード」として入力すると、コンピューターはルーターと通信できるようになります。そうしないと、ルーターが送信したものをコンピューターが理解できないため、ネットワークに参加できません。キーベースの暗号化方式には、「デフォルト」キーのようなものはありません。ルーターがWPA-PSKでブロードキャストしている場合は、ルーターへの管理アクセス権を持つ誰かが、自分で選択したキーを使用して暗号化を有効にしたことを意味します。

ルーター管理パネル

WPA-PSKキーは、通常のユーザーとしてネットワークに参加するために必要なデータです。Wi-Fi接続を介してルーターのコントロールパネルにアクセスしようとしている場合、プロンプトが表示されるユーザー名とパスワードはWPA-PSKキーではありません。すべてのルーターメーカーは、ルーターのコントロールパネルにアクセスするために独自のデフォルトのユーザー名とパスワードを設定しています。この情報は、デバイスのドキュメントに記載されています。

工場出荷時のデフォルトにリセット

WPA-PSKキーを忘れた場合は、2つの選択肢があります。 1つは、イーサネットコードを介してルーターに接続し、そのコントロールパネルにアクセスして、別のパスワードを手動で設定することです。 2番目のオプションはもう少し劇的です。ルーターのコントロールパネルのログイン資格情報を工場出荷時のデフォルトから変更したが、何に変更したかを思い出せない場合は、ルーターの[リセット]ボタンを押す必要があります。これにより、デバイスに設定したカスタム構成がすべてクリアされ、すべての設定が工場出荷時のデフォルトに復元されます。デバイスをリセットしたら、忘れずにWPA-PSK暗号化を有効にしてください。デフォルトでは、ワイヤレスルーターは誰でも参加できる暗号化されていない信号を使用します。