GoogleVoiceを使用してボイスメールグリーティングを作成できません

Google Voiceを使用すると、複数のボイスメールグリーティングを録音し、使用時にカスタマイズできますが、これらのメッセージを録音するための組み込みサービスは提供されていません。新しいボイスメールグリーティングを録音するには、ブラウザ内でリンクされた電話またはGoogleトークを使用する必要があります。複数の録音はGoogleVoiceに保存され、すぐに変更できます。連絡先のグループごとに異なるボイスメールメッセージを設定することもできます。

新しいボイスメールグリーティングの録音

Google Voiceには組み込みのボイスメール録音機能がありませんが、挨拶を録音するために必ずしも電話は必要ありません。Googleトークアカウントを使用することもできます。システムにVoice&Video ChatPlug-inをインストールする必要があります。これはGoogle.com/chat/videoで入手できます。また、マイクとスピーカーをパソコンに接続し、GoogleVoiceで利用可能な電話としてGoogleアカウントを有効にする必要があります。新しいボイスメールグリーティングを録音するには、画面の右上隅にある歯車のアイコンをクリックして、[音声設定]を選択します。 [ボイスメールとテキスト]タブに移動して、ボイスメールの設定を表示します。 [新規録音]をクリックすると、[電話を使用して新しいメッセージを録音]と表示される場合もあります。グリーティングの名前を設定し、これがデフォルトのボイスメールグリーティングであるかどうかを切り替えます。[続行]をクリックして、スマートフォンまたはGoogleトークを選択します。サービスから電話があります。電話またはデジタル通話に応答し、プロンプトに従ってグリーティングを録音します。

複数のボイスメールの挨拶

[新規録音]ボタンをクリックし、新しい録音ごとに一意の名前を付けることで、いくつかの異なるボイスメールグリーティングを録音できます。ドロップダウンボックスからボイスメールグリーティングを選択し、[再録音]ボタンをクリックして、ボイスメールグリーティングを変更します。休暇の挨拶、現時点では電話を受け付けていないことを発信者に通知する挨拶、標準の挨拶、仕事の挨拶、さらには特定のグループの挨拶を設定できます。グループに連絡先がある場合は、[設定]ページの[グループ]で特定のボイスメールグリーティングを設定できます。グリーティングを設定するグループの下にある[編集]ボタンをクリックし、ドロップダウンボックスからグリーティングを選択します。

電話番号のリンク

使用する電話の番号がまだGoogleVoiceにリンクされていない場合は、[設定]ページから[電話]タブをクリックしてリンクできます。現在有効になっている電話の下にスクロールして、[新しい電話を追加]をクリックします。この番号の名前、実際の電話番号、および携帯電話、職場、自宅のいずれであるかを入力します。[保存]をクリックし、画面の指示に従って電話をかけ、電話を有効にします。

その他のボイスメール設定

新しいボイスメールの通知を電子メールの受信ボックスに直接送信するように選択することもできます。デフォルトのGoogleメールアカウント以外のメールを選択するには、[新しいメールアドレスを追加]をクリックします。Google Voiceには、ボイスメールメッセージを転記するオプションがあり、ボイスメール設定からボイスメールのパスワードまたはPINを変更することもできます。