iPhoneがワイプされていることを確認するにはどうすればよいですか?

iPhoneには、クライアント名、連絡先情報、財務データなど、ビジネスに関する機密情報がたくさんあります。最新のiPhoneモデルにアップグレードする前に、少し時間を取ってAppleの組み込みコンテンツ消去ソフトウェアを使用し、将来の所有者があなたの情報を再構築できないようにしてください。

ワイプとリセット

スマートフォンを販売またはリサイクルする前にクリアすることを考えると、「ワイプ」と「リセット」という用語が同じ意味になる場合があります。これらは2つのまったく異なるアクションです。一方はすべてのユーザーデータとコンテンツ(つまり、すべてのアプリ、写真、個人情報)を完全にクリアし、もう一方は単にすべての電話の設定を工場出荷時のデフォルトにリセットします。iPhoneの設定をリセットすると、アプリやその他の個人データはそのまま残ります。

きれいに拭く

3GS以降のiPhoneでは、Appleはコンテンツ消去の処理方法を変更しました。以前は、iPhoneは単にデータを上書きしたため、経験豊富なハッカーによる再構築に対して脆弱なままであった可能性がありました。3GS以降、Appleはワイピングモデルをハードウェア暗号化に変更しました。これは基本的に、すべてのコンテンツを消去することを選択すると、iOSはデータを保護するために元々使用されていた暗号化キーも削除することを意味します。情報は消去され、暗号化キーがないと再構築は不可能です。すべてのデータを消去するには、「設定」、「一般」、「リセット」を選択します。「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し、ソフトウェアがほんの数分でiPhoneをきれいに拭きます。

クラウドを使用する

iPhoneをきれいに拭くことは、その日のやることリストに載っていないかもしれませんが、盗難や偶発的な置き忘れの犠牲者になったら、それを最優先する必要があります。電話が消える前にiCloudを介してサインアップし、iPhoneで「電話を探す」機能をアクティブにした場合は、リモートで消去できます。Apple IDでiCloudにサインインし、「iPhoneを探す」をクリックします。「すべてのデバイス」を開き、紛失したiPhoneを選択します。「デバイスの消去」をクリックして、AppleIDパスワードを入力します。iPhoneにiOS7が搭載されている場合、iCloudは、消去後に画面に表示する電話番号とメッセージの入力を求めます。

クラウドから削除

iPhoneが消去され、個人データとビジネスデータが消去されたら、iCloudアカウントから削除できます。電話の電源を切り、iCloudアカウントにサインインします。 「すべてのデバイス」をクリックして、オフラインになったiPhoneを選択します。 「iPhoneを探す」機能は、削除できるようになる前に数回電話に接続しようとしますので、しばらくお待ちください。削除アイコンが表示されたら、それをクリックして「削除」を選択します。