フラットな組織構造の利点

あなたは、エグゼクティブレベルから最前線の管理に至るまでカスケードする、管理の多数の層を特徴とする背の高い組織構造に精通しているかもしれません。フラットな組織構造は、管理の層が少なくなっています。経験則として、フラットな組織構造のマネージャーは、より階層的な構造よりも多くの従業員を監督します。フラットな組織構造では、従業員はより権限を与えられ、より高度な管理上の独立性を持って運営され、日常業務におけるさまざまな伝統的な管理上の決定に責任を負うことが期待されています。

ヒント

フラットな組織構造は、コスト削減、迅速な適応性、革新的な労働力など、いくつかの利点をもたらします。

組織のコスト削減

フラットな組織構造では管理の層が少ないため、フラットな組織では給与にかかる費用が少なくて済みます。マネージャーレベルのスタッフは通常、高額の福利厚生や福利厚生だけでなく、高額の給与も要求するため、大幅な節約が可能です。さらに、フラットな組織は、単に勤続期間に基づいて昇給や昇進を許可することを避けることがよくあります。代わりに、フラットな管理構造を持つ組織は、キャリア開発の取り組みをトップパフォーマーに集中させる傾向があります。パフォーマンスに基づいてプロモーションを付与することは、コスト面でより理にかなっています。これは、給与の高い費用が生産性の向上に直接関係するためです。

節約は、外部リソースの従来とは異なる使用からも発生する可能性があります。フラットな組織構造を持つ企業は、重要でないビジネス機能を外部委託して、経費をさらに削減できます。たとえば、税務申告書作成、採用活動、IT機能のアウトソーシングにより、企業は部門全体を給与から排除することで無駄のない運営を行うことができます。

たとえば、フラットな組織を持つ製造会社は、生産業務を社内に維持しますが、人事から経理に活動をアウトソーシングすることを選択する場合があります。人材派遣会社を一時的なオフィス支援に利用することは、会社をスリムでフラットに保つためのもう1つの手法です。

フラットな組織の適応性

フラットな組織の従業員とワークグループは、階層が小さく、官僚主義が欠如しているため、変化する状況や独特の状況に適応しやすい傾向があります。

たとえば、第一線の従業員が経営陣の承認なしに顧客の苦情を処理する権限を与えられている場合、苦情の解決はより効率的に進行し、顧客満足度を高めることができます。たとえば、独自のプロジェクトに割り当てられたワークグループは、上級管理職の承認を求めることなく、フラットな組織で独自の運用プロセスを作成できることがよくあります。

予期しない事態が発生した場合、フラットな組織の適応性が特に重要になる可能性があります。サイトの爆発、化学物質の流出、気象関連の洪水などの企業の緊急事態は、管理の多くの層を通じて承認を求めることなく、迅速な行動をとる権限をすでに与えられている担当者が巧みに処理できます。

コラボレーションが奨励されます

フラットな組織構造を持つ企業では、オープンなコミュニケーションとコラボレーションが奨励されます。より多くの従業員が平等な競争の場にいるため、各個人により多くの責任が課せられ、革新的で協調的なセルフスターターが優れ、パッシブフォロワーが遅れる状況が生まれます。追加のボーナスとして、フラットな構造の組織は、自発性とチームワークを必要とする作業構造に勇気づけられるタイプの従業員を引き付けることができます。

イノベーションと創造性が強化されます

アイデアは、多くの管理層を持つ企業よりも、フラットな組織構造の幅広いソースから生まれます。企業の全員が、運用プロセス、製品、サービス、ビジネスモデル、および企業ポリシーに関する新しいアイデアとフィードバックを提出する際に平等な意見を表明することにより、企業は競争力のある成功につながる可能性のある新しいアイデアを発見できます。