ピラミッドの組織構造

小さなスタートアップから大企業まで、すべての組織には構造があります。従業員を雇用してリーダーシップチームを立ち上げると、全体的な職場文化に直接影響を与える非常に重要な決定を下していることに気付かない場合があります。ピラミッド型の組織構造では、CEOまたは社長がトップに座り、リーダーのチームが下に向かって流れ、情報が下に向かって流れていきます。

ピラミッドの組織構造

ピラミッド型の組織構造は、その名前が付けられた形に従って機能します。上部に1人のリーダー、下部に小さな経営幹部チーム、そして下部の従業員チームにつながるマネージャーの層があります。管理者の各層は、責任をより均等に分散する下の層を管理します。これは、各従業員が上記のマネージャーによってより適切にサービスを受けるように設計されており、マネージャーは彼の小さなチームに個人的な注意を払うことができます。

階層的組織構造とも呼ばれるピラミッド型の組織構造は、情報が次々と渡されることを前提としています。したがって、CEOがその下の小さなリーダーシップチームと会うと、それらのリーダーはその下のリーダーの小さな層と会い、情報を伝え、次の層と共有されます。

ピラミッド構造にはいくつかの問題があります。たとえば、情報が完全に流れ落ちないことがよくあります。必要なのは、1人のマネージャーがチームに伝えるのを忘れているだけで、コミュニケーションが途絶える可能性があります。また、従業員は、トップのリーダーから切り離されているように感じる可能性があります。リーダーは、直下の人以外の人と直接コミュニケーションをとることはめったにありません。

フラットな組織構造

ピラミッド構造をよりよく理解するには、フラットな組織構造である反対のアプローチについてさらに学ぶことが役立ちます。近年、企業がよりカジュアルでのんびりとした職場文化を求めているため、フラットな構造は、特に小規模な新興企業の間で非常に人気があります。この構造は、すべての従業員がリーダーシップチームに直接満足しているように感じるオープンオフィス環境を促進し、ビジネス全体への投資を増やします。

組織構造がフラットなため、ピラミッド型の組織に見られる中間管理職が排除され、経営トップが現場作業員や営業担当者などの最下層の従業員を直接監督します。中小企業では、これには、ほんの一握りの従業員を監督する1人のマネージャーが関与する場合があります。ただし、組織が成長するにつれて、CEOまたは社長と一緒に従業員の大規模なチームを監督するのを助けるために複数のリーダーが招かれる可能性があります。

残念ながら、フラットな組織構造はピラミッド構造ほどスケーラブルではありません。20人の従業員を抱えるビジネスは、誰とでもコミュニケーションをとる1人のマネージャーを簡単に維持できます。ただし、100人または1,000人の従業員がすべてあなたに直接報告していると想像してください。20人のマネージャーがいて、それぞれが50人の従業員を直接監督している場合でも、20人のマネージャーに追いつくのに苦労し、その下にいる多くの従業員を管理するのにも苦労します。

Flatarchyの組織構造

どちらのオプションにも欠点があるため、多くの企業は現在、2つの極端な状況の間の妥協点を選択しています。フラットアーキは2つのアプローチのハイブリッドとして機能し、フラットな組織として設計された小さなスタートアップが、既存の従業員を疎外することなく、その成長を徐々に管理することを容易にします。

フラットアーキでは、チームはサイロ化され、実行されている作業に基づいて職務が分離されます。たとえば、特別なプロジェクトを持つフラットな組織は、そのプロジェクトを率いるチームリードを任命し、プロジェクトが終了するとすぐにそのチームを解散させることができます。この柔軟性により、フラットアーキテクチャは、成長するにつれてフラット構造が扱いにくくなり始める企業に人気があります。