個人販売のためのマーケティング戦略

個人販売は、営業担当者が顧客に製品を購入するように説得するために使用する戦略です。営業担当者は、顧客の個々のニーズを満たすように調整されたパーソナライズされたアプローチを使用して、製品が顧客にどのように役立つかを示します。顧客には質問をする機会が与えられ、営業担当者は製品に関する懸念に対処します。

お客様に質問する

顧客に製品を販売しようとするとき、あなたは彼女がその製品またはサービスに興味を持っている理由を知る必要があります。彼女が現在あなたの競争相手の1人の顧客であるかどうか調べてください。もしそうなら、なぜ彼女がその製品やサービスに満足していないのかを尋ね、彼女にあなたのものへの切り替えを検討させます。彼女の会社の主要な意思決定者が誰であるかを尋ね、彼女が製品の最終決定を下すためのタイムラインを持っているかどうかを確認します。

彼女からこの種の情報を収集することは、彼女があなたの会社から何を得ようとしているのかを知るのに役立つので、あなたはあなたの売り込みで彼女のニーズをよりよく満たすことができます。

顧客の懸念に対処する

あなたの製品やサービスについての懸念をあなたと共有するように顧客に依頼してください。これらの問題に対処できれば、彼の心を和らげ、彼のビジネスをあなたの会社に持ち込むよう説得する可能性を高めることができます。クライアントがあなたの会社に抱く潜在的な懸念を知ることは常により良いので、あなたはそれらを広める機会があります。顧客が意思決定を快適に行えるようにするために、製品やサービスに関するもう少し情報が必要な場合があります。

セールを依頼する

あなたがあなたの販売プレゼンテーションを終えた後、あなたの仕事は終わりません。顧客に販売を依頼することが重要です。彼女があなたの製品またはサービスを購入することを決定したかどうかを直接尋ねることができます。または、彼女がいつサービスを受け始めたいか、または彼女が注文したい特定の製品の数を尋ねるなどの間接的な方法でそれを行うことができます。

これは、あなたが顧客とどこに立っているかを知るのに役立ちます。彼女が躊躇している場合は、何が彼女の販売を妨げているのかを尋ねてください。あなたが彼女の懸念に対処することができれば、あなたは売却を得る可能性が高くなります。

プレゼンテーション後のフォローアップ

優れた営業担当者は、プレゼンテーションを行った後、常に見込み客とクライアントの両方をフォローアップします。見込み客がまだあなたの製品やサービスの利点を確信していない場合、これは彼の懸念に対処する別の機会です。彼がすでにあなたの製品やサービスを購入することを決めている場合は、チェックインして、彼がそれに満足していることを確認することが重要です。