Yahooメッセンジャーのインストール問題のトラブルシューティング

Yahoo Messengerは、Webを介してクライアント、顧客、同僚と連絡を取り合う必要がある企業向けのインスタントメッセージングツールです。ソフトウェアの問題は、内部および外部の関係と収益を損なう可能性があるため、できるだけ早く解決することが重要です。問題の根本的な原因は、インストーラー自体またはシステム上のサードパーティプログラムにある可能性があります。一時的な解決策として、代わりにYahoo Mail on theWebに組み込まれているYahooMessengerクライアントを使用できます。

アンインストールして再インストール

破損したインストーラーの問題により、Yahooメッセンジャーが正しくインストールされない可能性があります。コントロールパネルの[プログラム]コンポーネントを使用して、マシンからソフトウェアの痕跡をすべて削除し、YahooWebサイトの公式ページからソフトウェアの最新バージョンをダウンロードします。このプロセスは、削除または破損したファイルを置き換える必要があります。ソフトウェアをダウンロードしてインストールするときは、Windowsで管理者アカウントを使用していることを確認してください。問題が解決しない場合は、インストーラーを互換モードで右クリックし、表示されるメニューから[互換性のトラブルシューティング]を選択して実行します。

Windowsとドライバーを更新する

インストールされているハードウェアおよびソフトウェアとの互換性を向上させるために、オペレーティングシステムが最新のパッチとアップデートを実行していることを確認してください。さらに、インストールされているビデオカードの最新のドライバを実行していることを確認してください。古いドライバはYahooメッセンジャーで問題を引き起こすことがあるためです。グラフィックカードまたはマザーボードの製造元のWebサイトにアクセスし、デバイスとオペレーティングシステムの正しいダウンロードを見つけて、ビデオディスプレイハードウェアの最新のドライバーを見つけます。

ソフトウェアの競合

もう1つの可能性は、サードパーティのソフトウェアツールがYahooMessengerのインストールを妨害していることです。これは、別のインスタントメッセージアプリから、インストールをブロックしているマルウェアプログラムまで何でもかまいません。「Ctrl-Alt-Del」を押し、Windowsタスクマネージャーを使用して、不要なバックグラウンドアプリケーションとプロセス、特にインスタントメッセージングに関連するものをシャットダウンします。さらに、セキュリティツールを最新バージョンに更新し、システム全体のスキャンを実行してマルウェアの感染をチェックします。

ハードウェアの競合

古いウェブカメラまたは古いドライバーを使用するウェブカメラを実行している場合、これによりYahooメッセンジャーインストーラーがクラッシュする可能性があります。インストールを再試行する前に、Webカメラのプラグを抜いてください。接続されているデバイスに問題があると思われる場合は、製造元の公式Webサイトからデバイスのドライバーの最新バージョンをダウンロードしてインストールしてください。 WebカメラがUSBハブに接続されている場合は、PCまたはラップトップのマザーボードに直接接続されているポートに接続します。