Windows Media Player10で画像をキャプチャする方法

トレーニングビデオやその他のビデオ素材から静止画像をキャプチャする必要がある場合は、WindowsXPコンピューターでWindowsMedia Player10を使用できます。ただし、最初にMedia Playerを構成せずに、Print Screenキーを使用しようとすると、黒い画像が表示されます。デフォルトでは、プレーヤーはビデオオーバーレイを使用します。これらのオーバーレイにより、スクリーンショットを撮ることができなくなります。オーバーレイを無効にした後、ビデオの再生中または一時停止後にスクリーンショットを撮ることができます。

1

Windows Media Player 10を起動し、[ツール]をクリックし、[オプション]を選択して[オプション]ウィンドウを開きます。

2

[パフォーマンス]タブを選択し、[詳細]ボタンをクリックして、[ビデオアクセラレーション設定]ウィンドウを開きます。

3

チェックボックスをオフにして、[ビデオアクセラレーション]セクションの[オーバーレイを使用]オプションを無効にします。

4

[OK]をクリックして[ビデオアクセラレーション設定]ウィンドウを閉じ、[適用]と[はい]をクリックして新しい設定を適用し、最後に[OK]をクリックして[オプション]ウィンドウを閉じます。

5

ビデオの再生を開始し、ビデオウィンドウをダブルクリックしてフルスクリーンモードに入ります。

6

「PrintScreen」を押してスクリーンショットをキャプチャします。スクリーンショットをキャプチャする前に、[一時停止]ボタンをクリックできます。

7

ビデオをダブルクリックして全画面モードを終了し、[スタート]、[すべてのプログラム]、[アクセサリ]フォルダー、[ペイント]の順にクリックしてMicrosoftペイントを開きます。

8

「Ctrl-V」を押してクリップボードからMicrosoftペイントにスクリーンショットを貼り付け、「Ctrl-S」を押して「名前を付けて保存」ウィンドウを開きます。

9

[ファイル名]フィールドにスクリーンショットの名前を入力し、[ファイルの種類]ドロップダウンボックスから画像形式を選択し、スクリーンショットを保存するフォルダーを選択し、[保存]をクリックしてスクリーンショットを保存します。