農場を立ち上げるための政府の助成金

農業は、他のビジネスと同様に、開始時に課題と費用の長いリストが付属しています。多くの農民は、農場を立ち上げるためにローンや政府の助成金に頼っています。ローンには利子付きの返済が伴います。一方、助成金は返済を必要としません。申請者はしばしば助成金を求めて競争しなければなりませんが、資金提供の種類は農民が初期段階を通過するのを助けることができます。

ファーマーとランチャーの開発を始める

農業生産者は、Beginning Farmer and Rancher Development Programを通じて、農場や牧場を始めるのに役立つトレーニング、教育、アウトリーチ、技術支援を見つけることができます。USDAの一部門であるNationalInstitute of Food and Agricultureは、州、地方、部族、および地域レベルの政府機関および非営利団体に助成金を提供しています。

助成金は、マーケティング戦略の開発や土地管理プログラムなどの活動に対して支払うことができます。組織が受け取ることができる最大のお金は、年間250,000ドルです。資金の少なくとも25%は、社会的に不利な立場にある農民の支援、新しい農民への限られた資源に取り組むイニシアチブ、および農民になりたい農民を支援するプログラムに充てられなければなりません。

農業労働者住宅

農場を立ち上げて運営する上での多くの課題の1つは、農場の運営を手伝ってくれる人を見つけることです。これらの労働者も住宅を必要としています。USDA農村開発局は、農業労働者住宅助成金およびローンプログラムを通じて、労働者住宅を購入、建設、改築、修理するための助成金を提供しています。

対象となる申請者には、個々の農民、農民組合、家族経営の企業、官公庁、アメリカインディアンの部族、非営利団体、農民組合が含まれます。助成金は、政府機関、部族、非営利団体、農業労働者協会が利用でき、ローンはすべての人が利用できます。資金は、保育所などの基本的な居住区を超えて住宅に支払うことができます。

環境品質インセンティブ

従来の農業生産者は、USDAの環境品質インセンティブプログラムから有機農業に切り替えるために年間最大20,000ドルを受け取ることができます。このプログラムは、事業を拡大したい有機農業の認定を受けた人々にも開かれています。助成金の受領者は、1年間で最大20,000ドルを受け取るだけでなく、6年間で最大80,000ドルを申請することもできます。適格な申請者は、USDAの農業マーケティングサービスによって設定された有機基準を満たさなければなりません。

州の助成金と財政援助

農民は、米国農務省の外で助成金やその他の財政援助を見つけることができます。多くの州政府機関も援助を提供しています。たとえば、テキサス州農業局には、ヤングファーマーグラントプログラムがあります。18歳から46歳までの農家は、運営費、家畜、飼料、その他の基本的な費用を支払うために5,000ドルから20,000ドルを受け取ることができます。

農場を立ち上げようとしている人々は、州や地方の農業部門の事務所に連絡して、どのような種類の助成金やその他の支援を申請できるかを知ることができます。