OutlookとRackspaceを同期する方法

会社のWebベースの電子メールアカウントを複数のデバイスと同期すると、場所に関係なく通信を維持できます。Rackspaceの電子メールをMicrosoftOutlookと同期すると、デスクトップとWebメールアカウントで電子メールを確認できます。OutlookとRackspaceは、IMAP電子メールテクノロジをサポートしています。これは、電子メールサーバーのコンテンツを1つの場所にのみダウンロードするのではなく、複数のデバイス間で同期します。

1

マウスポインタをコンピュータ画面の右上隅にスワイプして、チャームメニューを表示します。

2

[検索]をクリックし、検索ボックスに引用符なしで「メール」と入力し、[設定]をクリックして設定プロンプトを読み込みます。

3

[メール]をクリックしてメールプロンプトを読み込み、[追加]をクリックして[アカウントの追加]ウィンドウを起動します。

4

表示されたフィールドにRackspaceメールアカウントの識別名を入力し、[次へ]をクリックして、[手動セットアップまたは追加のサーバータイプ]を選択します。

5

「IMAP」を選択し、「次へ」をクリックします。

6

[フルネーム]フィールドに姓名を入力します。これは、このアカウントからメールを受信したときに表示される名前です。

7

[メールアドレス]フィールドにメールアドレスを入力します。これは、Outlookを同期するRackspaceメールである必要があります。

8

[受信メールサーバー]フィールドに引用符なしで「imap.emailsrvr.com」と入力します。

9

[送信メールサーバー(SMTP)]フィールドに引用符なしで「smtp.emailsrvr.com」と入力します。

10

表示されたフィールドにアカウントのユーザー名とパスワードを入力し、[パスワードを記憶する]チェックボックスをクリックして、Outlookにパスワードを記憶させます。セキュリティを強化するために、[パスワードを記憶する]チェックボックスをオフのままにして、Outlookアカウントからメールを送信する前に入力する必要があるようにします。

11

[その他の設定]ボタンをクリックしてから、[送信サーバー]タブをクリックします。[送信サーバー(SMTP)には認証が必要]チェックボックスをオンにして、[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]ラジオボタンをクリックします。

12

「詳細」タブをクリックします。[受信サーバー(IMAP)]フィールドに引用符なしで「143」と入力し、[送信サーバー(SMTP)]フィールドに引用符なしで「25」と入力して、[OK]ボタンをクリックします。

13

[次へ]をクリックしてアカウント設定をテストし、[閉じる]をクリックしてOutlookとRackspaceアカウントの同期を終了します。