貸借対照表で税引き後の純利益を見つける方法

ビジネスを続けるには、少なくとも長期的には、会社が費やす以上の収入を得る必要があります。純利益の計算式は、お金を稼いでいるか失っているかを示します。ただし、この方程式はストーリーの一部しか伝えていません。あなたのビジネスは儲かるかもしれませんが、それでも銀行にお金がないかもしれません。貸借対照表は、全体的な財務状況を示しています。これは、純利益が長期にわたって健全である場合、プラスになる可能性があります。

ヒント

税引き後の純利益は貸借対照表に表示されませんが、獲得した純利益(または損失)は最終的に資産の増減として貸借対照表に表示されます。

純利益の計算式

純利益の計算式は単純ですが強力です。

収益-費用=純利益

その単純さにもかかわらず、純利益の公式はおそらくあなたのビジネスが計算する必要がある最も重要な方程式です。製品やサービスの販売から得た収入から運営費に費やした金額を差し引いた後の残りの金額を示します。収益の合計は、全体として取引したビジネスの量を示しますが、純利益は、1日の終わりに獲得した金額を示します。

純利益の計算式は、高レベルの会計のための貴重なツールも提供します。これは、単に観察するのではなく、目標を分析して設定するのに役立ちます。たとえば、純利益率の式は、人件費や売上原価などの必要な費用の支払いに向けて顧客に請求する価格の何パーセントを示し、利益でいくら稼ぐかを示すことで、ビジネスがどのように純利益を稼ぐかについての洞察を提供します。 。これらの数値を理解することで、業務を強化し、ビジネスの収益性を高めるためのツールが得られます。

損益計算書と貸借対照表

損益計算書と貸借対照表は相互に関連していますが、会社の財務状況の2つの異なる側面を示しています。

損益計算書:

  • 収益と費用を要約します

  • 収益を卸売り、小売りの販売、賃貸収入などのカテゴリに分類します
  • 経費を家賃、給与、売上原価、光熱費、広告、事務用品などのカテゴリに分類します
  • 収益から営業費用を差し引いて純利益(または損失)を計算します
  • 一定期間の財務活動を表示します

バランスシート:

  • 資産(所有しているもの)と負債(借りているもの)を比較することにより、財務状況の概要を示します

  • 資産を手元現金、売掛金、在庫、固定資産などのカテゴリに分類します。
  • 負債を短期および長期の負債や買掛金などのカテゴリに分類します。
  • 総資産から総負債を差し引くことにより、純資産(または所有者の資本)を計算します
  • 特定の時点での財務状況を表示します

純利益と貸借対照表

純利益は、貸借対照表ではなく損益計算書に属します。それは最終的な収益です–すべての収入と支出、およびそれらの間の関係を要約するフィールドです。純利益は貸借対照表に具体的に表示されていませんが、そこに表示される情報に到達する方法において重要な役割を果たします。

あなたのビジネスが時間の経過とともに費やすよりも多くを稼ぐことによって純利益を被る場合、それは現金と非現金資産の両方を蓄積し始め、それは貸借対照表に描かれる財務状況を改善します。あなたのビジネスがそれが稼ぐより多くを使い、純損失を被るならば、あなたは運営からの収入と利益に頼ることなくあなたの支出の費用をカバーする必要があります。あなたはあなたの資産を使い果たし始めます、そしてあなたの貸借対照表の数字はあなたのビジネスがそれが所有するより多くを負っていることを示すかもしれません。