起業家精神の基本的な概念と特徴は何ですか?

起業家精神とは、自分のビジネスで他の誰かのために働くのではなく、自分で立ち上げてビジネスを始める行為です。起業家は、時給制の従業員やサラリーマンの従業員よりも多くの障害や恐れに対処する必要がありますが、その見返りもはるかに大きい可能性があります。

ヒント

起業家は、時給制の従業員やサラリーマンの従業員よりも多くの障害や恐れに対処する必要がありますが、その見返りははるかに大きい可能性があります。優れた起業家は、関心とビジョン、ビジネスを始めるスキル、そして投資する意欲を持っています。

興味とビジョン

起業家として成功するための最初の要因は関心です。起業家精神は、特定の努力に費やされた時間ではなく、業績に応じて報われるため、起業家は自分の興味のある分野で働く必要があります。そうでなければ、彼女は高いレベルの労働倫理を維持することができず、おそらく失敗するでしょう。この関心は、会社の成長のビジョンにもつながる必要があります。

ビジネスの日々の活動が起業家にとって興味深いものであったとしても、彼女がこの関心を成長と拡大のビジョンに変えることができなければ、これは成功には十分ではありません。このビジョンは、彼女が投資家や従業員に伝えることができるほど強力でなければなりません。

スキルの多くの分野

関心とビジョンのすべてが、適用可能なスキルの完全な欠如を補うことはできません。起業家は、会社の責任者として、従業員の有無にかかわらず、多くの帽子をかぶって効果的に着用できる必要があります。たとえば、モバイルゲームを作成するビジネスを開始したい場合は、モバイルテクノロジー、ゲーム業界、ゲームデザイン、モバイルアプリのマーケティング、またはプログラミングに関する専門知識が必要です。

経済的および感情的な投資

起業家は自分の会社に投資しなければなりません。この投資は、彼女が費やす時間やスキルや評判など、目に見えないものかもしれませんが、現金、不動産、知的財産など、明確な価値のある資産への多額の投資も伴う傾向があります。 。自分の会社に投資しない、または投資できない起業家は、他の人が投資することを期待することも、成功することを期待することもできません。

組織と代表団

多くの新しいビジネスは一人のショーとして始まりますが、成功した起業家精神は迅速で安定した成長を特徴としています。これは、専門的な仕事をするために他の人を雇うことを意味します。このため、起業家精神には、広範な組織化とタスクの委任が必要です。起業家は会社で起こっていることすべてに細心の注意を払うことが重要ですが、会社を成功させるには、適切な人を適切な仕事に雇い、経営陣からの干渉を最小限に抑えて仕事をさせることを学ぶ必要があります。 。

リスクと報酬

起業家精神にはリスクが必要です。このリスクの測定は、ビジネスに投資する時間とお金の量に相当します。ただし、このリスクは、関連する報酬にも直接関係する傾向があります。

フランチャイズに投資する起業家は、他の誰かの事業計画にお金を払い、かなりの収入を受け取ります。一方、革新的なイノベーションを行う起業家は、何か革新的なものが市場で機能することを前提として、すべてを危険にさらします。そのような革命家が間違っていると、彼女はすべてを失う可能性があります。しかし、彼女が正しければ、彼女は突然非常に裕福になる可能性があります。