受取利息と受取利息の違い

一般に認められた会計原則(GAAP)に従って財務諸表を作成する中小企業の所有者は、利息およびその他の種類の収益を発生主義で報告します。その結果、帳簿と記録には、売掛金勘定と利息収入勘定の両方へのエントリが含まれる場合があります。2つのアカウントの目的は明確に異なりますが、多くの場合、一方を他方なしで使用することはできません。

受取利息の定義

売掛金は、企業が獲得したが、顧客または債務者がまだ支払っていない利息収入を反映する貸借対照表勘定であると、会計コーチは報告しています。このタイプのアカウントは、顧客に提供されるローンやクレジットラインに利息を請求する企業によって一般的に使用されます。たとえば、6月1日に、顧客が1,000ドル相当の機器をクレジットで購入し、未払いの残高に対して毎月1%の利息を支払うことに同意したとします。7月1日に残高が未払いのままである場合は、10ドルの利息を獲得しています。利息が支払われるか、回収不能として償却されるまで、10ドルは売掛金勘定に含まれます。

利息収入の定義

最終的に会社の損益計算書に反映される受取利息勘定には、支払済みか未払いかに関係なく獲得したすべての受取利息が含まれ、受取利息勘定に含まれます。GAAPの下では、収益は、会社が獲得して実現可能になったときに会社の帳簿に記録されると、会計ツールは報告しています。つまり、クレジットで購入した顧客に商品を配達するなど、ビジネスがトランザクションのすべての義務を果たした時点で、利息収入が報告されます。将来、支払いを完全に受け取ることを期待している場合、利息は実現可能です。

獲得時の利息収入仕訳

売掛金勘定と収益勘定の正しい残高に到達するには、その年に帳簿と記録に転記する仕訳が正確である必要があります。最初の入力は、利息が発生したときに行われます。前の例では、7月1日に10ドルの利息が獲得され、収益を報告し、会社の売掛金勘定の残高を増やすために、次の仕訳が必要です。受取利息(借方)10ドル、利息収入(貸方)10ドル

コレクションでの利息収入仕訳

顧客が利息を支払うとき、現金の流入を反映し、売掛金勘定の未払い残高を減らすために、2回目の受取利息/受取利息財務諸表の入力が必要です。ただし、支払利息と未払利息​​の両方の収益が報告されるため、利息収益勘定は変更されないことに注意してください。顧客が7月5日に10ドルの利息を支払う場合、仕訳は次のようになります。現金(借方)$ 10、受取利息(貸方)$ 10