リーダーシップのための特性対状況的アプローチ

強力なリーダーシップは、中小企業の成功にとって極めて重要です。事業主と経営者が使用できるリーダーシップのスタイルは数多くあり、それぞれに焦点が異なります。2つの非常に異なるスタイルは、特性アプローチと状況アプローチです。多くのリーダーはスタイルを組み合わせており、2つのアプローチの組み合わせがあなたのスタイルに合っていることに気付くかもしれません。または、どちらかをまったく異なるリーダーシップスタイルと組み合わせることができます。

特性リーダーシップとは何ですか?

リーダーシップの特性理論は、リーダーと彼が示す特性に焦点を当てています。特定の種類の特性は、リーダーをより効果的にします。たとえば、故スティーブジョブズは彼のカリスマ性で知られていました。彼のビジョンを情熱的に表現する彼の能力は、人々に彼の先導に従いたいと思わせました。効果的なリーダーとなる特性の他の例としては、知性、自信、誠実さ、決意などがあります。リーダーシップの候補者は、自分の特徴を特定するために性格評価テストを受けることがよくあります。

特性リーダーシップの利点

特性リーダーシップアプローチは、リーダーは貴重な特性の組み合わせを持っている例外的な個人であるという考えを具体化します。これは、リーダーはグループの他のメンバーとは一線を画す、つまりリーダーは生まれるのではなく、生まれるという社会の考えと一致します。リーダーシッププロセスにおける性格特性の役割には、それをサポートするための多くの研究があります。他のリーダーシップのアプローチは、この信頼性の主張をすることはできません。

特性リーダーシップアプローチは、適切なリーダーを特定するためのベンチマークとしても機能します。このアプローチにより、性格評価は、潜在的なリーダーの長所と短所を特定するのに役立ちます。個人やグループでの使用にも適しています。

特性リーダーシップの短所

リーダーシップへの特性アプローチの大きな問題の1つは、リーダーシップ特性の明確なリストが存在しないことです。研究の量が多いため、無数の特性が存在し、どの特性が最も効​​果的なリーダーになるかを判断するのが困難です。また、特性アプローチは状況を考慮していません。この形態のリーダーシップでは、焦点はリーダーの特性のみにあります。焦点が部分的に状況にある場合、成功するリーダーのための特定の特性を定義することはより簡単であることがわかります。

シチュエーションリーダーシップとは何ですか?

ポール・ハーシーとケン・ブランチャードが開発した1977年の理論に基づく状況的リーダーシップは、リーダー以上のものに焦点を当てています。代わりに、リーダーの行動は状況とフォロワーに依存します。状況に応じたアプローチでは、委任、サポート、コーチング、および指示という4つのスタイルのリーダーシップが使用されます。リーダーは、特定のリーダーシップのスタイルに対するフォロワーの状況と準備レベルに応じて、適切なスタイルを選択します。たとえば、部下の知識レベルが低い場合、リーダーシップの指示スタイル(リーダーがフォロワーに正確に何をすべきかを指示する)が適切です。

シチュエーションリーダーシップの利点

リーダーシップへの状況的アプローチは、理解しやすく、さまざまな作業状況に適用できる概念で構成されています。多くのフォーチュン500企業は、その前向きで信頼できる評判のために、リーダーシッププログラムの基礎としてそれを使用しています。

シチュエーションリーダーシップスタイルを使用するマネージャーは、遭遇する各状況に適応します。これには、従業員ごとに異なる行動を取ることも含まれます。たとえば、2人のチームメンバーが、注文が遅れていることに腹を立てている2人の顧客とほぼ同じ問題を報告したとします。マネージャーは最初のチームメンバーの話を聞き、注文が遅れる理由を調査し、顧客に電話して状況を説明することを勧めます。彼は、彼女が明るくダイナミックな電話の存在感と顧客との良好な関係を持っていることを知っています。

ただし、2人目の従業員は電話が苦手で、防御的で躊躇する傾向があります。顧客は新しいので、信頼関係は実際には確立されていません。この状況では、マネージャーは、従業員に出荷が遅れる理由を見つけて、顧客との短い会議をスケジュールするように提案します。対面でのやり取りは、会社が自分のビジネスに関心を持っていることを顧客に示し、従業員に電話では達成できなかった良い印象を与える機会を与えます。

シチュエーションリーダーシップのデメリット

教育、年齢、経験、性別は、特定の形態のリーダーシップに対する各部下の好みに影響を与えます。それでも、人口統計学的特性は、シチュエーションリーダーシップアプローチでは考慮されていません。シチュエーションリーダーシップアプローチの背後にある理論をサポートするための限られた研究が存在します。このタイプのリーダーシップをグループに適用するためのガイドラインはありません。ガイドラインは、1対1の相互作用のみに関係します。