ジャンプドライブのGoogleドキュメントに何かを置く方法

データを「クラウドに」保持することはますます一般的で重要になっています。オンラインコンピュータから簡単に情報にアクセスでき、他の人とのコラボレーションを大幅に簡素化できます。Googleドキュメント(現在はGoogleドライブ)はクラウドストレージに適していますが、ファイルをダウンロードしたり、ジャンプドライブ上の別のデバイスに転送したりする必要がある場合もあります。このプロセスはGoogleドライブでは簡単です。ドキュメントをダウンロードするときは、互換性をできるだけ簡単にするために、ファイルの種類に複数のオプションがあります。

1

ジャンプドライブをコンピューターの使用可能なUSBポートに挿入します。自動再生ウィンドウが表示されたら、閉じることができます。

2

Googleドライブにアクセスし、ジャンプドライブに配置するファイルを開きます。

3

Googleドライブ内の[ファイル]ドロップダウンメニューをクリックし、[名前を付けてダウンロード]オプションにカーソルを合わせます。

4

ご希望のファイルタイプを選択してください。表示しているGoogleドキュメントの種類に応じて、さまざまなオプションがあります。すべてのドキュメントタイプに「PDF」オプションがあります。これは、ファイルが他のコンピューターでも同じように表示されるため、読み取り専用ファイルに適していますが、編集することはできません。編集可能な優れたオプションは、MicrosoftOfficeやOpenOfficeなどの生産性ソフトウェアと互換性のあるオプションです。「ドキュメント」ファイルの適切な選択は、「Word」または「RTF」です。「スプレッドシート」ドキュメントに適した選択肢は、「Excel」または「OpenOffice」です。「プレゼンテーション」ドキュメントに適した選択肢は「MicrosoftPowerPoint」です。

5

表示されるウィンドウでジャンプドライブに移動します。「C:」ドライブやDVDドライブなど、コンピュータに接続されているドライブとして表示されます。

6

[保存]をクリックして、Googleドライブファイルをジャンプドライブに配置します。保存が完了すると、ファイルはドライブに保存され、転送の準備が整います。