Excelで脚注を付ける方法

Excelスプレッドシートをまとめて、会社の収益、支出、従業員の勤務時間、またはその他の詳細を追跡することは、特にWordなどの他のMicrosoft Officeプログラムを使用したことがある場合は、なじみのある領域のように思えるかもしれません。時折、Excelはこれらのプログラムとは異なりますが、Wordの便利な自動脚注機能を探していると、少し迷ったかもしれません。Excelにはありませんが、同じ機能をスプレッドシートに適用できないという意味ではありません。Excelでの脚注には簡単な回避策が必要ですが、すべてのオプションが利用可能であり、目的の脚注を使用してスプレッドシートを完成させるのに役立ちます。

1

Excelを起動し、脚注で使用するスプレッドシートを開きます。

2

[挿入]タブをクリックしてから、リボンの[ヘッダーとフッター]ボタンをクリックします。

3

[ページ設定]ポップアップウィンドウの中央にある[カスタムフッター]ボタンをクリックします。

4

「左セクション」など、脚注の詳細をExcelスプレッドシートに表示するセクションをクリックします。脚注が対応する番号を入力します。これが最初の脚注である場合は、「1」と入力してから脚注のテキストを入力します。

5

「Enter」を押して、新しい行にドロップします。「2」などの次の番号を入力し、脚注のテキストを入力します。すべての脚注が入力されるまで続けてから、「OK」ボタンをクリックしてフッターウィンドウを閉じます。もう一度[OK]をクリックして、[ページ設定]ウィンドウを閉じ、Excelスプレッドシートに戻ります。

6

「ファイル」タブをクリックし、「印刷」を選択します。脚注はExcelスプレッドシートに表示されないため、これは作業を確認するための方法です。印刷画面のプレビューウィンドウの右下を見て、脚注を確認してください。「印刷」ボタンをクリックせずに「ファイル」タブをクリックすると、スプレッドシートに戻ります。

7

最初の脚注を追加するセルまでスクロールします。セルの最後の文字の後のカーソルをクリックします。フッターの番号に対応する最初の脚注番号を入力します。これがスプレッドシートの先頭に最も近い脚注である場合は、1番である必要があります。

8

入力した番号を強調表示します。「ホーム」タブをクリックします。リボンの[フォント]セクションの右下隅にある小さな[下矢印]をクリックします。「上付き文字」ボックスをクリックしてチェックマークを挿入し、「OK」をクリックします。脚注は、通常のテキストと比較して、従来の小さく、わずかに高い外観を取ります。

9

このプロセスを繰り返して、フッターに入力した脚注ごとに番号を追加します。