MicrosoftWordで自動署名を追加する方法

署名は、書面またはデジタル署名を使用して手動で承認したことを示すことにより、ドキュメントを検証します。Microsoft Word 2013は、すべてのドキュメントに署名を自動的に追加するわけではありません。ドキュメントのサインオフは、完全であることを個人的に確認した場合にのみ行われる必要があるためです。さらに、デジタル署名を追加すると、ドキュメントが完成し、それ以上の編集ができなくなります。ただし、最小限の労力で署名を追加するようにWordを構成できます。

デジタル署名の追加

デジタル署名を追加する前に、ドキュメントを保存する必要があります。保存したら、[ファイル]、[情報]、[ドキュメントの保護]、[デジタル署名の追加]の順にクリックして、[署名]ダイアログを開きます。[署名]をクリックすると、署名が追加され、ドキュメントが読み取り専用になります。このダイアログでは、「このドキュメントの作成と承認」などのコミットメントタイプ、署名の目的、および署名者に関する追加情報を設定することもできます。

オートコレクトを使用した署名の追加

ドキュメントに手動で署名を追加した後、画像ファイルとその周囲の関連テキストを強調表示します。 [ファイル] | [オプション] | [校正] | [オートコレクトオプション]をクリックします。 [置換]フィールドにショートカットフレーズを入力し、[OK]をクリックします。このフレーズは本当の言葉であってはなりません。代わりに「addsig」のようなものを使用してください。設定が完了すると、そのフレーズを入力するたびに、署名がドキュメントに自動的に入力されます。このメソッドはドキュメントを読み取り専用形式に変換しないため、その後の編集が発生する可能性があります。ただし、[ファイル]、[情報]、[ドキュメントの保護]、[最終としてマーク]の順にクリックして、読み取り専用にすることができます。