Googleカレンダーを共有するための通知を送信する方法

ベンジャミンフランクリンがかつて言ったように、「失われた時間は二度と見つかりません」-そして、Googleカレンダーを共有することは、時間を無駄にせず、すべての仕事仲間と従業員が同期していることを確認する現代の方法です。Googleカレンダーの共有は、カレンダーを共有した人やグループへの通知を自動的に生成する簡単なプロセスです。

1

共有するカレンダー名の右側にある矢印をクリックします。すべてのカレンダーは、Googleのメインカレンダー画面に名前で表示され、各名前の横に矢印が表示されます。ポップアップウィンドウが表示されます。

2

ポップアップウィンドウメニューの[このカレンダーを共有する]オプションをクリックします。共有オプションを含む新しい画面が表示されます。

3

[特定の人と共有]の下にある[人]フィールドをクリックし、Googleカレンダーを共有する人のメールアドレスを入力します。

4

隣接する下向きの矢印をクリックして[権限設定]ドロップダウンメニューを表示し、カレンダーを共有している相手に付与する権限レベルをクリックします。オプションは、「変更を加えて共有を管理する」、「イベントに変更を加える」、「すべてのイベントの詳細を表示する」、「空き時間情報のみを表示(詳細を非表示)」です。

5

「人を追加」をクリックします。カレンダーへのアクセスが許可されたことを受信者に通知する通知メールがすぐに生成されます。メールの受信者が既存のGoogleカレンダーアカウントを持っている場合、メールには新しいカレンダーが自分のアカウントに追加されたことが記載されています。