MacBookAirにWindowsをインストールする方法

仮想化ソフトウェアを使用してMacBookAirのネイティブOSXオペレーティングシステム内からMicrosoftWindowsを実行すると、Windowsを必要とするファイルやソフトウェアを使用する必要がある場合に便利ですが、仮想化されたWindows環境は遅く、高負荷でフリーズする可能性があります。MacBook Airのハードドライブの別のパーティションにWindowsをインストールすると、ラップトップのハードウェアに完全にアクセスして、Windowsを最大限に活用できます。AppleのBootCampユーティリティはプロセスを簡素化するため、Windowsインストールディスクを持っている人なら誰でもMacBookAirでWindowsとOSXの両方をデュアルブートできます。

1

CD / DVDドライブをMacBookAirに接続し、空のDVDを光学ドライブに挿入します。

2

Dockの左端にあるFinderアイコンをクリックしてから、ウィンドウの左側のサイドバーにある[アプリケーション]フォルダをクリックして、表示されるFinderウィンドウを表示します。

3

アプリケーションフォルダの「ユーティリティ」フォルダを開きます。ユーティリティフォルダは、アプリケーションフォルダの下部にあります。

4

「BootCampAssistant」をダブルクリックして、Windowsのインストールに役立つアプリケーションを起動します。

5

最初のBootCamp Assistantウィンドウで[続行]ボタンをクリックし、[このMac用のWindowsサポートソフトウェアをダウンロードする]の横にあるラジオボタンを選択します。

6

画面の下部にある[続行]ボタンをクリックし、ユーザー名とパスワードを入力して、MacBookAirにラップトップでWindowsをスムーズに実行するのに役立つドライバーをダウンロードさせます。

7

Boot Campアシスタントがドライバのダウンロードを完了するまで待ってから、[CDまたはDVDにコピーを書き込む]の横にあるラジオボタンを選択します。

8

「続行」をクリックして、ドライバを空のディスクに書き込みます。書き込みプロセスが完了したら、[続行]ボタンをもう一度クリックします。

9

ドライバを書き込んだディスクを取り出し、後で使用できるように取っておき、Windowsインストールディスクを挿入します。

10

OS XとWindowsの間のハードドライブスペースの分割を示す図をクリックしてから、左または右にドラッグして、目的のWindowsパーティションのサイズを拡大または縮小します。[均等に分割]ボタンをクリックして、ハードドライブの空き容量のちょうど半分をOS Xに、残りの半分をWindowsに割り当てることもできます。「パーティション」ボタンをクリックします。

11

Boot Campアシスタントがハードドライブのパーティション分割を完了したら、[インストールの開始]ボタンをクリックします。MacBook Airが再起動し、Windowsインストールディスクから起動します。

12

画面の指示に従ってWindowsのインストールを完了し、「Windowsをどこにインストールしますか?」というメッセージが表示されたら「BOOTCAMP」というラベルの付いたパーティションを選択します。

13

ドライバを書き込んだディスクをオプティカルドライブに挿入し、ディスクから「Setup.exe」を実行します。

14

画面の指示に従って、新しいWindowsインストールにAppleのハードウェアドライバをインストールします。