靴屋ビジネスを始める方法

赤ちゃん向けの靴店から新郎新婦向けの靴屋まで、さまざまな靴屋が消費者に提供されています。あなたがファッションに興味があり、小売業を始めようとしているなら、靴屋を始めることはあなたにとって理想的なビジネスかもしれません。靴屋は、地元のコミュニティ内またはオンラインで物理的に運営でき、世界中の顧客にサービスを提供できるという点で、用途が広いです。

靴屋を開くには、計画とかなりの準備が必要ですが、それはお金を稼ぐための儲かる方法になる可能性があります。以下は、靴屋のビジネスを始めるのに役立ついくつかのステップです。

  1. ニッチ市場をターゲットにする

  2. 販売する靴のニッチをターゲットにします。たとえば、整形外科用の靴、デザイナーの女性用の靴、幼児と子供用の靴、またはフォーマルな男性用の靴を販売できます。

  3. 事業計画を作成する

  4. マーケティングおよび広報計画、競合する靴店の分析、ターゲット市場とニッチの詳細、3年間の費用予算と利益予測など、靴店ビジネスのビジネスプランを作成します。

  5. 許可とライセンスを取得する

  6. 小売業を始めるためにあなたの州で必要な許可を取得してください。お住まいの地域によっては、転売許可証、州税識別番号、雇用主識別番号、または仮名証明書が含まれる場合があります。

  7. ホールセールアカウントを開く

  8. 靴の卸売業者に口座を開設します。あなたはそのような会社をオンラインで見つけることができます、そしてあなたが主要な大都市圏に住んでいるなら、利用可能な地元のベンダーがあるかもしれません。利益を上げるために、小売価格から40%から60%の割引で、在庫を卸売りで購入するようにしてください。

  9. 店先をリースする

  10. 靴屋の店先をリースします。代替の販売場所には、オンラインオークションサイト、独自のeコマースストア、またはフリーマーケットの屋台が含まれます。販売場所を選択するときは、ターゲット市場を念頭に置いてください。たとえば、フリーマーケットでデザイナーの靴を販売することはうまくいかない可能性がありますが、フリーマーケットで割引された子供用の靴を販売することはより良い考えです。

  11. あなたの店を飾る

  12. 魅力的な方法で店舗を飾り、靴の在庫を論理的に整理します。たとえば、子供靴店を開く場合は、鮮やかな装飾を使用し、子供用の遊び場を設置し、店全体に靴の測定ガイドを配置し、幼児用の靴と年長の子供用の靴を分けます。

  13. あなたのビジネスを促進する

  14. あなたの靴屋のビジネスを促進しなさい。ソーシャルネットワーキングサイトでアカウントを開設して、潜在的な顧客とつながり、ウェブサイトを立ち上げ、購読者向けの特別割引付きのニュースレターを提供したり、美容院、衣料品店、宝石店などの補完的な地元企業にチラシやクーポンを置いたりします。