売上原価は損益計算書のどこに表示されますか?

売上原価は、多段階の損益計算書で、売上収益の後、粗利益の前に決定できます。売上原価残高は、会社が会計期間中に販売した商品およびサービスに費やした金額の見積もりです。会社の原価計算システムと在庫評価方法は、売上原価の計算に影響を与える可能性があります。

概要概要

売上原価は、企業が顧客に販売する製品を製造または購入するのにかかる費用を表します。売上原価を計算するには、企業は会計期間のさまざまな段階で在庫レベルを理解する必要があります。売上原価を見つけるために、会計士は最初の在庫残高から始めて、期間中の在庫購入を追加し、最後の在庫残高を差し引きます。

損益計算書について

売上原価は、売上高の下で粗利益の前に損益計算書に記載されています。損益計算書の基本的なテンプレートは、収益から費用を差し引いたものが純利益に等しいというものです。ただし、在庫と売上原価のある企業は、純利益を計算するために複数の減算があるため、このように名付けられた複数ステップの損益計算書を使用します。複数段階の損益計算書では、会計士は売上高から売上原価を差し引いて粗利益を決定します。粗利益を計算した後、会計士は他のすべての費用を差し引いて純利益を算出します。

売上原価は何ですか

経験則として、売上原価には、製品の市場投入に関連する人件費、材料費、諸経費が含まれます。ただし、売上原価に含まれる金額は、会社が採用している原価計算システムによって異なります。在庫のある企業が使用する原価計算システムの2つの主なタイプは、吸収原価計算と変動原価計算です。吸収原価計算は、売上原価に家賃や固定資産税などの固定製造間接費を追加します。変動費の下では、売上原価には変動費、材料費、間接費が含まれます。

違い

売上原価の計算に影響を与える要因は、原価計算システムだけではありません。さまざまな在庫評価システムも、売上原価の数値を膨らませたり、収縮させたりする可能性があります。大量の在庫を持つほとんどの企業は、後入れ先出し法または先入れ先出し法のいずれかを使用して在庫値を計算します。後入れ先出しでは、最新の在庫購入が最初に販売されたと見なされます。先入れ先出しは、最も古い在庫が最初に販売されることを前提としています。コストが増加している場合、後入れ先出しは、先入れ先出しに比べて売上原価の計算が大きくなります。