複数のスプレッドシートにセルを追加する方法

Microsoft Excelでスプレッドシートを操作する場合、複数のスプレッドシートのセルからビジネスデータを合計する必要がある場合があります。Sum Excelの数式で別のシートまたは複数のシートを参照し、それらのシート全体のセルの範囲を合計することができます。

Sum関数を使用して同じシートにセルを追加する方法

Sum関数を使用して、2つ以上のセルのデータ、またはセル範囲内のすべてのデータを合計できます。これを行うには、合計機能を手動で入力するか、Excelメニューバーの編集セクションにある[自動*合計*]ボタンを使用します。

Sum関数を使用して、作業中のワークシートにセルの列を追加するには、追加する列の下部にある最初の開いているセルをクリックし、[AutoSum]ボタンをクリックしてSum関数を挿入します。これにより、Enterキーを押した後、選択した列のセルの合計が自動的に集計されます

Sum関数を入力する場合は、列に関係なく追加する個々のセルを指定するために、Sum関数を次のように記述します:= SUM(cell1、cell2)。例として、これは2つのセルでフォーマットされた場合= SUM(A14、B17)のようになります。= SUM(A1:A14)のように、コンマの代わりにコロンを使用して、Sum式でセルの範囲を合計できます。

別のシートからExcelの合計を見つける方法。

別のシートからExcelの合計を見つけるには、最初に合計の数式が配置されるセルを選択する必要があります。これは、Excelドキュメントのどのシートにも適用できます。次に、合計式をフォーマットして、追加するセルまたはセルの範囲で他のシートを参照する必要があります。

別のワークシートにあるセルを数式に追加するには、まず「= SUM(」と入力してSum数式を開始し、次にその別のワークシートにあるセルをクリックします。カンマを入力してから、他のセルを選択します。

SumExcelの数式参照を別のシートにする方法

現在のシートの外側にある別のシートを参照するには、いくつかの方法で参照できます。まず、Ctrlキーを押しながらセルをクリックして、別のワークシートから追加するセルを選択できます。次に、Sum式の一部として、参照するシートの名前を手動で入力できます。Excelブックの下部のタブを確認すると、ドキュメント内のシートの名前を見つけることができます。

参照するシートの名前が決まったら、Excel Sumの数式を変更して、一度に複数のシートを参照できるようにする方法を次に示します。シートの名前、感嘆符、追加するセルの名前を追加します:= SUM(Sheet1!A14、Sheet2!B17)。これにより、Excelの数式は別のシートを参照しますが、数式を= SUM(A14、Sheet2!B17)に簡略化して、別のシートのセルを現在のシートのセルに追加することもできます。

毎月の会社の収益データが別のシートに記載されたワークブックがあるとします。1月と2月のシートの収益を合計する場合は、1月と2月のセルをクリックして選択するか、数式を手動で入力して次のようにします。= SUM(Jan!C12、Feb!C12)。Enterキーを押すと、セルには1月と2月のシートからの総収益の合計が含まれているはずです。

Excelの合計数式:複数のシート、複数のセル

上記の例を維持しながら、1年が過ぎたら、シートの全範囲からの毎月の総収入を含む各セルを合計するとします。+記号をクリックして新しいシートを作成し、名前をクリックして「Sheet1」の名前を「Revenue」に変更してから、数式を入力するセルを選択します。

複数のシートにExcelSum数式を追加するには、Sum数式でコロンで区切って、問題のシートの範囲を決定します。次のように記述します:= SUM(Sheet1:Sheet12!Cell#)。これは、範囲内のすべてのシートと、すべてのシートの対応するセルを参照します。この場合、追加する総収益を各シートの同じ対応するセルに含める必要があります。この例では、12か月すべての総収益の合計を求めている場合、式は= SUM(Jan:Dec!C12)のようになります。

または、次のように、セルの範囲を参照してすべてのシートを合計することもできます:= SUM(Sheet1:Sheet12!A12:C12)。これにより、A12からC12までのすべてのセルがSheet1からSheet12に追加されます。この例では、各シートに1つのセルを追加するのではなく、各月のシート全体のセル範囲の合計を求めたい場合、その数式は次のようになります。= SUM(Jan:Dec!A12:C12)