利益のために小さな面積で羊を育てる方法

何十年にもわたって大規模な農場企業に道を譲った後、小規模な農場は、作物だけでなく動物の飼育のためにも復活を遂げています。小面積の農場は、羊を有利に育てるのに適したスペースを提供することができます。収益性は難しい場合がありますが、生産性の高い羊と経費の厳密な管理により、利益を上げることができます。羊は肉、羊毛、牛乳の販売から収入を得ています。

最高品質の肉は、子羊、1歳未満の若い羊から生産されます。ほとんどの羊は羊毛を生産するために年に一度刈り取られます。羊乳は、ペコリーノ、ロックフォール、その他の特殊チーズを製造するためのチーズ製造によく使用される特殊製品です。

春と秋の子羊の季節

羊製品のマーケティングを成功させることは、収益性の高い羊の飼育にとって重要であり、タイミングは重要な要素です。子羊の価格は、春の方が他の時期よりも高くなることがよくあります。一部の羊生産者は、春までに市場の子羊を生産するために秋の子羊を予定しています。

ただし、秋にはドーセット、ランブイエ、ポリペイなどの特定の種類の羊だけが子羊になります。ほとんどの品種は冬の終わりまたは春の初めに子羊を産み、夏または秋の販売のために市場の子羊を生産します。お住まいの地域の消費者の購買習慣に精通していると、子羊の生産に最適なタイミングを決定するのに役立ちます。

双子の収益性

雌羊は通常、1年に1〜3頭の子羊を産みます。ほとんどの雌羊は2頭の子羊を首尾よく育てています。双子は一頭の子羊よりも大きな利益をもたらします。一頭の子羊ではなく双子を産む能力は部分的に受け継がれています。

双子または三重子である雌羊は、複数の子羊を産む傾向があります。繁殖雌羊の慎重な選択と若い動物の優れた世話は利益のために必要です。

販売およびマーケティング計画

マーケティング計画を立てることは不可欠です。羊の生産者は、競売によって、または食肉処理場、レストラン、小売店に直接羊を販売します。一部の生産者はファーマーズマーケットで子羊を販売しています。純血種の羊を飼育している羊の生産者は、繁殖用の家畜を他の生産者に販売しています。

羊毛や羊乳を売るには市場が必要です。お住まいの地域のオーガニック製品の市場を探索してください。有機として認定できる羊を飼育することは、一般的に余分な費用がかかりますが、有機肉も同様に高い価格を要求します。

追加の労働力を雇う

一年の特定の時期には、羊の飼育は労働集約的です。子羊の繁殖期には、雌羊と新生子羊は綿密な観察と支援が必要です。羊が干し草を消費している場合、干し草を養うために毎日の労働が必要です。

足のトリミング、せん断、耳のタグ付け、尾のドッキング、およびその他の管理方法には、熟練した作業が必要です。家族の助けがあれば、外部の労働者を雇うよりも経済的です。

飼料と放牧に適した牧草地

飼料は、羊の飼育作業にとって最大の費用の1つです。牧草と干し草は反芻動物の飼料のほとんどを提供します。面積が小さいため、大量の飼料を生産することはできません。利益を得るには、良質の干し草や放牧に適した牧草の安価な供給源を見つける必要があります。

捕食者からの保護

羊は捕食者からの保護が必要です。コヨーテと野良犬は無防備な羊を殺します。番犬、電気柵、厳重な監視が羊の安全を守ります。必要な予防接種を伴う健全な医療プログラムは、羊の健康と生産性を維持します。