下請け業者を雇うことの税務責任

下請け業者は、臨時スタッフや正規の従業員にはない特定のスキルセットを必要としている企業に、価値のあるサービス、洞察、サポートを提供します。下請け業者は通常、企業に雇われたゼネコンのために働いています。クライアントと下請け業者の関係に関する税務責任を理解することは、企業が事業税申告書で下請け業者、従業員、その他を誤分類するのを防ぐのに役立ちます。下請け業者は、その年に稼いだ所得に対する税金を追跡して支払う責任があります。

下請け業者とは何ですか?

下請け業者は自営業者であり、ゼネコンにコンサルティング、グラフィックデザイン、執筆および編集、データ収集および分析サービスを提供するか、派遣会社または人材派遣サービスに勤務する場合があります。場合によっては、ゼネコンは他のゼネコンを雇ってプロジェクトの下請け業者として行動します。下請け業者は、独立した請負業者とは異なり、クライアントのために直接働くのではなく、クライアントの請負業者のために働きます。

ゼネコンと下請け業者の雇用

ゼネコンを雇う企業は、個人事業主やパートナーシップではなく、有限責任会社や企業を探す必要があります。CorporationおよびLLCのビジネス構造は、信頼性を高め、ビジネスとゼネコンおよび下請け業者を即座に区別します。法人およびLLCは、個人所得税申告書を通じて事業税を支払う個人事業主およびパートナーシップとは対照的に、事業税申告書を提出する必要があります。この区別は、IRS監査の防止に役立ちます。

課税責任

すべての下請け業者は、州、地方、連邦の所得税や自営業税などの税金を自分で申告して支払う必要があります。下請け業者が600ドルを超える収益を上げている場合、ゼネコンはIRSフォーム1099-MISCを提出する必要があります。

下請け契約

下請け契約は、下請け業者の役割と責任を、成果物の期限、契約期間、および納税義務情報とともに明確に概説する必要があります。契約書には、ゼネコンもクライアントも下請け業者が行った仕事から得た所得に対する税金を支払う責任はなく、下請け業者はすべての州税、地方税、連邦税を請求、申告、および支払う責任があることを明記する必要があります。

下請け業者と従業員

下請け業者と従業員のタスクの分離を維持することは、IRSによる従業員の誤分類の誤解や主張を防ぐのに役立ちます。下請け業者は、下請け業者契約で割り当てられたプロジェクトとタスクにのみ取り組む必要があり、リモートまたは一時的なワークステーションで作業する必要があり、契約に別段の定めがない限り、タスクを実行するために必要なコンピューター機器やその他の電子機器を提供する必要があります。