マーケティングプロモーション方法

プロモーションは、ターゲットとする顧客に会社または製品の情報を伝達することを具体的に含むマーケティングの一部です。これは、より広範なマーケティングシステムの重要なコンポーネントです。これは、通常、顧客にあなたのことを認識させ、ブランドに惹きつけ、購入に興味を持ち、最終的には忠実な顧客にするためです。21世紀初頭にいくつかの新しい技術が登場しましたが、広告、広報、個人販売は3つの主要な宣伝方法です。

広告

広告は、マーケティングとプロモーションに割り当てられた企業の予算のかなりの部分を占めています。これには、メディアを介したブランドまたは製品メッセージの開発と有料配信が含まれます。企業は通常、広告を設計および開発する社内広告部門を持っているか、広告プロセスを専門とする広告会社と協力しています。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などのメディアでの広告掲載の料金を支払うため、通常、他の宣伝方法よりもメッセージをより細かく制御できます。

広報

国民との信用を維持することは、中小企業と大企業の両方にとって重要な長期戦略です。さまざまな広報戦術を使用して、無料のメディアメッセージを通じて顧客に連絡します。プレスリリースは、最も一般的で日常的なPR戦術の1つです。これは、企業が主要な変更やイベントの概要、製品の発売、またはその他のニュースをさまざまなメディアに送信するときです。記者会見、特集ニュースレポート、ニュースレターは、他の一般的なPRツールです。PRの一般的な目的は、有料広告を超えて、ブランドを人々の前に保つことです。課題は、PRメッセージの配信または受信方法を常に制御できるとは限らないことです。

販売

ビジネスは通常、ある程度の広告や広報に従事しますが、個人的な販売戦術の使用はかなり異なります。一部の中小企業は、販売する小規模な製品やサービスに基づいてアクティブな販売員を雇用していません。電子機器や電化製品などの高額商品を扱う企業は、販売員を使用して、顧客にとっての製品のメリットを強調し、顧客の懸念を克服することがよくあります。販売は、最もインタラクティブなプロモーション形態の1つです。

デジタル/インタラクティブ

インターネットと関連技術の進化は、デジタルでインタラクティブな宣伝方法を生み出しました。メールマーケティング、オンライン広告、モバイル広告はすべて、プロモーションキャンペーンの一般的なコンポーネントになっています。これらの方法は、多くの場合、中小企業にとって比較的手頃な価格であり、オンラインでかなりの時間を費やすテクノロジーに精通した消費者に直接接続できます。 Twitter、Facebook、YouTubeなどのソーシャルメディアポータルも、顧客とリアルタイムでやり取りするための安価な方法を提供します。