XLSMファイルを開く方法

XLSMファイルは、Visual Basic for Applications(VBA)言語で記述されたマクロを含むスプレッドシートです。マクロを使用すると、繰り返しのタスクを自動化し、Excelでビジネスファイルを操作する時間を節約できます。このファイルはXLSXファイルに似ているため、開くためにサードパーティのソフトウェアにお金をかける必要はありません。Microsoft Office 2010は、XLSMファイルの作成とオープンの両方が可能であり、プロセスは非常に簡単です。

1

Microsoft Office Excel2010を起動します。

2

Excelウィンドウの上部にある[ファイル]をクリックし、メニューから[開く]を選択して[開く]ウィンドウを開きます。

3

統合ファイルブラウザを使用してXLSMファイルを含むフォルダを選択してから、XLSMファイルを選択します。

4

[開く]ボタンをクリックして、Excel2010でXLSMファイルを開きます。

5

ドキュメントの上部にある黄色のバーの[コンテンツを有効にする]ボタンをクリックして、マクロを有効にします。