契約を合法化する方法

法的な契約は、日常の商取引を締結するためのツールです。契約とは、貴重な約束を交換するための2人以上の合意ですが、それが有効であるためには、法的拘束力がなければなりません。2つの当事者間で法的拘束力のある契約を結ぶには、一方の当事者によって行われ、他方の当事者によって受け入れられた申し出、相互の考慮、および拘束力のある契約を締結する意欲がなければなりません。

申し出と受諾

契約を結ぶには、一方の当事者が有効な申し出を行い、もう一方の当事者がその申し出を受け入れる必要があります。申し出を行うために使用される言語は、取引されているものの条件を明確に示さなければなりません。たとえば、「古いマシンを購入しますか?」と言います。は、どのマシンまたは希望する価格を指定していないため、有効なオファーではありません。インターネット上には多くの無料の契約テンプレートがあります。契約の基礎として1つを使用すると、オファーに正しい言語を使用していることを確認するのに役立ちます。

オファーを法的に受け入れるには、受け入れる人が定められた条件に明確に同意する必要があります。その人が提供されていないものを受け入れるか、または彼自身の反対提案をするならば、受け入れられたとは言えません。実際、これは元の申し出の拒否と見なされ、新しい申し出が行われ、その後受け入れられるようになっていると、ラバーン大学中小企業開発センターは報告しています。

契約を結ぶ意図

両方の当事者が契約に拘束される意図があることを確認してください。これを行うには、その人が契約に基づく義務を履行するつもりかどうか、および契約条件に違反した場合に法的措置を取ることができることを理解しているかどうかを尋ねます。

法の下で契約を締結する能力を持たない人々と契約を結ぶことを防ぐ。未成年者や心の不自由な人は契約を結ぶことができません。

相互の配慮の交換

契約の各当事者がそれから何かを得ることによって相互の考慮を交換します。コーネルロースクールによると、検討には何かをすることを約束するだけでなく、他の人の店から10マイル以内に店を開かないことを約束するなどのことをしないことも約束できます。いずれの場合も、目的は、当事者が何か価値のあるものを約束することを保証することです。何も考慮されていない場合、強制するものがないため、契約はありません。

ほとんどの契約では、相互に合意した価格での製品またはサービスの提供は十分な考慮事項です。

契約は合法でなければなりません

契約の目的が合法であるかどうかを判断します。法律は違法行為を執行するために使用することはできないため、契約は、その目的が可能であり、明確で合法である場合にのみ、法的拘束力があり執行可能であると見なされます。

不動産に関連するような特定の契約を除いて、契約は合法であるために書面である必要はありません。ただし、契約条件を書き留めて、誰もが何にサインアップしているかがわかるようにすることは理にかなっています。これにより、議論や論争がさらに減り、条件が契約によって証明されるため、意見の不一致を簡単に解決できるようになります。

契約を確認する

契約書を読み、誤り、曖昧さ、脱落がないことを確認してください。法的な契約は、その当事者の意図を完全かつ正確に捉える必要があります。もしそうなら、それに署名し、すべての当事者がその義務との合意を示すためにもそうすることを確認してください。