ハードドライブのルートディレクトリにファイルを表示する方法

ルートディレクトリ、またはルートフォルダは、ハードドライブパーティションの最上位フォルダを表します。ビジネスコンピュータに単一のパーティションが含まれている場合、このパーティションは「C」ドライブになり、多くのシステムファイルが含まれます。Windowsエクスプローラー内でこの場所に簡単にアクセスできますが、ファイルの多くは非表示として構成されているか、そのままにしておく方がよいWindowsシステムファイルであるため、表示されません。ただし、Windowsエクスプローラーの設定を変更することで、これらのファイルを表示できます。

1

「Win-E」を押してWindowsエクスプローラーを開きます。「Win」キーはMicrosoftWindowsの記号で示され、「Start」という単語が含まれている場合もあります。

2

ツールバーから「整理」をクリックし、「フォルダと検索オプション」を選択します。

3

「表示」タブをクリックします。

4

[隠しファイルとフォルダー]リストから[隠しファイル、フォルダー、およびドライブを表示する]をクリックします。

5

「保護されたオペレーティングシステムファイルを非表示にする(推奨)」のチェックを外します。実行するとすぐに、システムファイルを削除または編集しないように警告するウィンドウがポップアップし、これらのファイルを本当に表示するかどうかを尋ねられます。「はい」をクリックしますが、警告に注意してください。

6

「OK」をクリックして設定変更を適用し、ウィンドウを終了します。

7

右側のパネルの[ハードディスクドライブ]リストの下にあるハードドライブをダブルクリックします。システムドライブの場合は、「C」ドライブをダブルクリックします。これで、ハードドライブのルートフォルダにあるすべてのファイルとフォルダが表示されます。